Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. RAV4

「ダイナミックトルクベクタリングAWD」がSUV離れした驚異の旋回性能を実現 トヨタRAV4アドベンチャー500km試乗インプレ…見た目だけではない本気のオフロード志向。だが荒れた舗装路では人間の方が先に参る【売れ筋国産SUV長距離実力テスト】

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタRAV4アドベンチャー

一部でやや沈静化の動きは見られるものの、SUVは依然として日本を含め全世界的に人気が高く、その裾野も徐々に広がりつつある。

「売れ筋国産SUV長距離実力テスト」と題したこの企画では、2020年1~3月の販売台数ランキングで上位につけた国産SUV4台をピックアップ。SUVユーザーに多いであろうアウトドアレジャーや帰省での使用を想定し、各車とも約500kmを走行して長距離長時間での疲労度を測るとともに、都心の町中や高速道路、郊外の一般道やアウトドアスポット近隣の荒れた路面で走りの実力をチェックする。

2本目は2019年4月に国内復活を遂げた、トヨタのCセグメントSUV「RAV4」。東京都内の首都高速道路から中央高速道路を経由し、富士五湖周辺の一般道とワインディングへ。その後山梨県から神奈川県、千葉県内を周回して都心へ戻るルートを走行した。

今回テストしたのは、専用の内外装に加え、2.0L直列4気筒エンジンとCVT、後輪左右の駆動力を自在に配分できる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用し、オフロードテイストをさらに強めたグレード「アドベンチャー」。メーカーオプションのデジタルインナーミラー、インテリジェントクリアランスソナー、リヤクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニター、ハンズフリーパワーバックドアや、ディーラーオプションのT-connectナビ9インチモデルなど、約70万円分のオプションを装着していた。

REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
PHOTO●遠藤正賢、トヨタ自動車

 この五代目で見せたRAV4の見事なまでの宗旨替えには驚きを禁じ得ない。そして、トヨタの並外れたマーケティング力に、改めて畏怖の念を抱いてしまう。

初代トヨタRAV4
二代目トヨタRAV4
三代目トヨタRAV4
四代目トヨタRAV4

 RAV4は1994年デビューの初代がクロスオーバーSUVのパイオニアとして日本で大ヒットしたものの、グローバル化とともに北米メインへと徐々にシフトしボディサイズが拡大。日本ではそれが受け入れられず、2005年デビューの三代目はフルモデルチェンジされることなく2016年に販売を終了している。しかし欧米などでは2013年に四代目へ世代交代し、その間にアメリカでは最量販車種に成長した。

【トヨタRAV4アドベンチャー】全長×全幅×全高:4610×1865×1690mm ホイールベース:2690mm トレッド:前1595mm/後1615mm 最低地上高:200mm アプローチアングル:18° ランプブレークオーバーアングル:17.5° デパーチャーアングル:20.5°

 にもかかわらず、この転身ぶりである。セグメントを問わず乗用車ライクなクロスオーバーSUVが供給過多になり飽きられ始め、その一方でアウトドアギアのファッション化を反映して新世代の本格オフローダーが軒並み大ヒットするようになった2018年春。トヨタはRAV4を、中身は新世代のGA-Kプラットフォームに一新しつつもモノコックボディのFF車をベースとしたまま、本格オフローダーさながらのデザインと悪路走破性を持つ五代目へと生まれ変わらせた。

 そして2019年4月、日本市場に復活。同年5月15日までに約2万4000台を受注する大ヒット作となっている。しかも全体の約9割が4WD車で、かつ「ダイナミックトルクベクタリングAWD」搭載車は全体の約3割(ガソリン車のうち約6割)。そしてユーザー層は20~30歳代が約4割を占めたというから恐れ入る。

 そんな新型RAV4「アドベンチャー」のフロントマスクは、専用のバンパーとグリル、4つの凸部を設けた明るいシルバーのスキッドプレートで押し出しを強めている。シンプルで美しいデザインを至上とする筆者にはやや気恥ずかしさを感じさせる類のものだが、オフロードテイストの強い新型にはよくマッチしており、またこれが購入ユーザーに好評とあらば、最早何も言うことはあるまい。

 またボディサイドには専用の大型ホイールアーチモールと切削光輝+ブラック+マットクリア塗装の19インチアルミホイール、リヤにも専用のスキッドプレートとマットブラックのエンブレムが装着されているが、「アドベンチャー」専用色かつ唯一のソリッド色である「アーバンカーキ」のボディカラーも手伝って、全体的にシンプルにまとめられている印象。窓ガラスはいずれもスクエアで大きく、見るからに視界が良さそうだ。

「アドベンチャー」専用オーキッドブラウン内装の運転席まわり
ドアグリップの内側はラバー製で溝も彫られている
手袋着用時に配慮し設計されたシフトレバー、エアコンダイヤル、ドライブモードダイヤル

 室内に目を移すと、「アドベンチャー」専用のオーキッドブラウン内装は明るくポップな色使いながら質感は高く、そして何より機能的なのが好印象。水平基調のインパネは高さが抑えられているため圧迫感が少なく、エンジンフードの左右前端が見えるため車両感覚も掴みやすい。加えてドアグリップやシフトレバー、エアコンダイヤル、ドライブモードダイヤルが、手袋を着けていても大きく握りやすく滑りにくい形状・素材となっているため、冬の豪雪地帯でも使い勝手に優れること請け合いだ。

サイドサポートが強化された「アドベンチャー」専用のスポーティシート
後席も前席と同様に専用の合成皮革生地を採用。頭上には15cm、膝回りには25cmほどの余裕がある

「アドベンチャー」はシートも専用品で、特にフロントはサイドサポートが強化された「スポーティシート」となる。前後席ともシートサイズは大きく、側方・後方の視界も各部のクリアランスも広いのだが、合成皮革の生地は張りが強く、身体に合わせて変形しにくいためフィット感に乏しいのが惜しまれる。

デッキボードを上段に配置し6:4分割式リヤシートの左側を倒した状態。後席使用時の奥行きは1015mm、格納時は1880mm、荷室最小幅は1000mm、荷室高は880mm
メーカーオプションのハンズフリーパワーバックドア。表面がラバー製で滑りにくいスイッチも備わる
デッキボードを反転し樹脂製の裏面を露出させた状態。雪や泥が付いても拭き取りやすい
デッキボードを下段に配置し荷室床面を55mm下げた状態。この時の荷室容量は580L

 後席使用時でも9.5インチのゴルフバッグを4個収納できるというラゲッジルームは、絶対的な空間が広いだけではなく立方体に近い形状のため、嵩張る荷物でも積み下ろしが容易で空間を無駄なく使うことができる。またデッキボードを反転し樹脂製の裏面を露出させた状態でも使用できるため、大人4人でアウトドアレジャーを楽しむにも重宝することだろう。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ