MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−3

現行CX-3の後継モデルは「CX-20」になる!マツダのSUV/クロスオーバーモデルラインアップ戦略を読み解く CX3/CX-5/CX-30/CX-8、そしてMX-30、海外モデルも

  • 2020/05/09
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の世界の自動車販売の中心はセダン/ハッチバック/ミニバンではなくSUV/クロスオーバーだ。マツダも例外ではない。売れているのは、「CX-」が頭につくSUV、クロスオーバーモデルである。CX-3/CX-4/CX-5/CX-8/CX-9の「CX-一桁系」とCX-30の「CX-二桁系」そして、MX系の3系統あるマツダのSUV/クロスオーバーモデルの現状と将来を推理してみた。

「CX-一桁系」とCX-30の「CX-二桁系」そして「MX-系」

 まずは、現状の把握だ。
 マツダのSUV/クロスオーバーモデルは、次のモデルである。

CX-3 2015年〜

CX-3 2015年〜
CX-3
全長×全幅×全高:4275mm×1765mm×1550mm
ホイールベース:2570mm
パワートレーン:G2.0/D1.8

CX-30 2019年〜

CX-30 2019年〜
CX-30
全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1540mm
ホイールベース:2655mm
パワートレーン:G2.0/X/D1.8

MX-30 2020年〜

MX-30 2020年〜
MX-30
全長×全幅×全高:4395mm×1795mm×1555mm
ホイールベース:2655mm
パワートレーン:EV

CX-4 2016年〜

CX-4 2016年〜
CX-4
全長×全幅×全高:4633mm×1840mm×1535mm
ホイールベース:2700mm
パワートレーン:G2.0/G2.5

CX-5 2017年〜

CX-5 2017年〜
CX-5
全長×全幅×全高:4545mm×1840mm×1690mm
ホイールベース:2700mm
パワートレーン:G2.0/G2.5/G2.5T/D2.2

CX-8 2017年〜

CX-8 2017年〜
CX-8
全長×全幅×全高:4900mm×1840mm×1730mm
ホイールベース:2930mm
パワートレーン:G2.5/G2.5T/D2.2

CX-9 2016年〜

CX-9 2016年〜
CX-9
全長×全幅×全高:5075mm×1969mm×1747mm
ホイールベース:2930mm
パワートレーン:G2.5T

 では、この7モデルがどこで販売されているか見てみよう。

マツダSUV/クロスオーバー モデル別販売地域

 上の表を見てわかる通り、世界(日米欧中)市場で販売されているのは、CX-30とCX-5だ。EV(電気自動車)のMX-30は欧州から販売が開始されるが、生産台数・販売台数が限られるし、燃費規制対策のモデルでもあるから、どの市場にいつ投入されるかは、現在はわからない。日本には今年中に導入されるはずだ。

 次に、モデル別のパワートレーンを見てみよう。

マツダSUV/クロスオーバー モデル別搭載パワートレーン

 仕向地によって搭載エンジンは変わるので、参考程度にみていただきたい。
 では次に、マツダの2019年世界販売の地域別データである。

2019年マツダ世界販売地域別比率

 2019年はマツダの世界販売は149.8万台だった。その内訳は次の通りだ。
国内:20.4万台
アメリカ:27.9万台
欧州:29.2万台
中国:22.8万台
 円グラフを見てもわかるように、日米欧中で全体の3分の2。その3分の2もバランス良く分かれている。
 CO2排出量95g/kmで厳しい規制がかかる欧州にEVのMX-30を先行投入した理由もここからよくわかる。

 ここまでが現状の基礎知識である。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ