Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. キックス

ひと足先にタイでデビュー! 日産新型キックス e-POWERはノートe-POWERより20psもパワフルな129ps/260Nmだ!価格はどうだ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイでデビューした日産キックス(KICKS)e-POWER

日本にも間もなく導入される(はず)の日産キックスがひと足先にタイで発表された。注目は、他地域では販売されていない「KICKS e-POWER」のデビューだということ。ノート、セレナに続いて採用された日産の切り札、e-POWERのスペックは? タイでの価格は?

ついに日産キックスe-POWERがデビュー

「POWERED TO THRILL」がタイで発表されたキックスe-POWERのキャッチフレーズ
 日本にも間もなく導入される(はず)の日産キックスがタイで発表された。注目は、他地域では販売されていない「KICKS e-POWER」のデビューだということ。
 北米で販売されているキックスは、1.6ℓ直4DOHC(HR16DE型)を搭載する。スペックは最高出力124ps、最大トルク122Nmだ。
 今回タイでデビューしたキックスの注目点は
・タイ生産のキックスであること
・e-POWERを搭載したこと
・このキックスが日本に入ってくる仕様(細部はもちろん違う部分はあると思うが)であること
・e-POWERを海外で生産するのはタイが初めてであること

日産キックスってどんなクルマか予習チェック。そのデビューは2016年のブラジルだった!

発表はゴールデンウィーク明け? それとも5月末? ...日産から正式なアナウンスはないのに日本での登場が確実視されており...

あわせて読みたい

 では、キックスe-POWERのスペックを見ていこう。
発電用エンジンは、1.2ℓ直3DOHC(発表資料には書いていないが、ノートe-POWER、セレナe-POWERと同じくHR12DE型だろう)
 駆動用モーターはEM57型交流同期モーターを使う。
 現在、EM57型交流同期モーターを搭載するのは
ノートe-POWER
セレナe-POWER
リーフ
リーフe+
である。

 それぞれの最高出力は次の通りだ。
ノートe-POWER:109ps(80kW)/254Nm
セレナe-POWER:136ps(100kW)/320Nm
リーフ:150ps(110kW)/320Nm
リーフe+:218ps(160kW)/340Nm

 では、新型キックスe-POWERの駆動用モーターEM57型のスペックはというと

キックスe-POWER:129ps(95kW)/260Nm

 と発表されている。最高出力で20ps、最大トルクで6Nmほど高い仕様となった。

 搭載するチリウムイオン・バッテリーの容量は、
ノートe-POWER:1.5kWh
セレナe-POWER:1.8kWh

 に対して
キックスe-POWER:1.57kWh
 と発表されている。

モーターは実績のあるEM57型交流同期モーターを使う
キックスe-POWERのシフトはノートe-POWERやリーフでお馴染みのスタイル
キックスe-POWERには当然、e-PEDALも採用されている

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ