MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−30

マツダの新世代SUVのMX-30はEVだけじゃなかった! 今秋日本導入モデルにSKYACTIV-G2.0+M HYBRIDモデルが! CX-30との関係は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダMX-30 今秋導入モデルにはEVではなくコンベのエンジン搭載モデルもあることがわかった。

マツダは、マツダの新世代商品群の第3弾として、コンパクトSUVの「MAZDA MX-30」をこの秋、日本に導入することを発表した。注目はパワートレーンだ。EVだけだと思われていたMX-30だが、国内向けにはコンベンショナルなエンジン(SKYACTIV-G2.0)のマイルドハイブリッド仕様があることがわかったのだ。

MX-30の隠し球、「G2.0+ M HYBRID」

幕張メッセで開催中のオートモービルカウンシルに展示されているMX-30。

MX-30は、2019年の東京モーターショーでマツダ初の量産EVモデルとしてワールドプレミアされたモデルだ。先に販売が始まる欧州仕様は、搭載する最高出力145ps/最大トルク270.9Nmの交流同期モーターで前輪を駆動。バッテリーは35.5kWh分の角形リチウムイオンバッテリーを搭載しWLTPモードで200km(NEDCモードで237km)の航続距離をもつ。

MX-30(欧州仕様 EV)

これがMX-30(EV)のプラットフォーム。床下に角形リチウムイオンバッテリーを搭載する。EV専用だと思われていたが、コンベのエンジン仕様の存在が明らかになった。
EV仕様(欧州仕様)のフロント。
全長×全幅:4395mm×1795mm ホイールベース:2655mm

MX-30国内仕様(G2.0+M HYBRID)

国内仕様のボディサイズは未発表だが、欧州仕様(EV)と同じならCX-30と同じである。
Cピラーの処理などCX-30とはまったく違うデザイン処理が施されている。これが魂動デザインの新しい方向なのか。

今日、幕張メッセで開幕した「オートモービルカウンシル」の会場のマツダブースに展示されたMX-30は、2.0ℓ直列4気筒ガソリンエンジンであるSKYACTIV-G2.0と「M HYBRID」を組み合わせたパワートレーンを搭載している。つまり、EVではないのだ。

MX-30にコンベのガソリンエンジン搭載仕様を国内投入するのは、マツダによれば、長期ビジョン「サステナブル"Zoom-Zoom"宣言2030」に基づき地域ごとに最適な動力源を適用するマルチソリューション戦略の一環だという。

MX-30 ガソリン搭載モデルの国内投入は今秋、EV仕様は今年度内にリース販売される予定であることも発表された。

インテリアも新しい。ドアはRX-8以来の観音開きとなる。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ