MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. Honda e(ホンダ・イー)

ホンダe(イー)は電気自動車の革命児となるか!? 可愛いだけじゃない、初物オンパレードの全貌を探る

このエントリーをはてなブックマークに追加
かつてのN360をどことなく彷彿とさせる佇まいのホンダe。「プレミアムクリスタルレッドメタリック」は日本専用色だ。

新型電気自動車、ホンダe(イー)の全貌がついに明らかとなった。いたずらに走行可能距離を伸ばそうとするのではなく、近未来の都市型コミューターとしての価値を徹底的に高めたのが特徴。見た目は可愛らしいが、その内側にはホンダの最新技術が凝縮されている。

TEXT●御堀直嗣(MIHORI Naotsugu)

EVのメリットは都市部でこそ活かせる

昨年の東京モーターショーに出展されたホンダ初の電気自動車(EV)となるホンダeの日本仕様が公開された。まだ正式発表前なので、内容は暫定という扱いだが、それでもホンダeの魅力を身近に感じられる情報が手に入った。

EVは、2010年に日産リーフと三菱自のi-MiEVが一般の消費者向けに発売されたが、エンジン車に比べると一充電走行距離が短く、充電への懸念も多く語られた。そして10年後の今日販売されるEVの多くが、一充電で300~400km走行できるようになり、販売は徐々に伸びている。

一方ホンダeは、あえて一充電走行距離200kmを目安とし、市街地での利用を中心に商品性を確立した。(実際の走行距離はWLTCモードで283km、JC08モードで308kmを達成している)

特徴は、デザイン/走り/HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)/コネクティッドの4項目で示される。

ノイズを抑えたシンプルでモダンなデザイン

外観は、簡素で親しみのある造形で、市街地で他のクルマと一緒になっても目立ちそうだ。実は機能的な狙いもあり、黒色をした部分に充電口など機能が示されており、それ以外の外装飾は滑らかな造形である点にこだわりがある。たとえば丸みのある外観を追求するためフロントはドアノブが外板と一体となっており、ドアの開閉の時だけせり出す仕組みだ。

日本仕様のボディサイズは未公表。ヨーロッパ仕様は、全長3894mm、全幅1752mm、全高1512mm、ホイールベース2538mmという諸元となっている。
円を基調としたモチーフがホンダeの特徴。前後のブラックエリアに機能的な要素を配置することで、デザインのノイズを抑えているという。
前後オーバーハングの短さは、電気自動車でなくては実現不可能だったもの。前後ドアはサッシュレスタイプで、サイドガラスエリアは完全にフラッシュ化されている。
普段は格納されているフロントドアハンドル。キーを持って近づくと自動でポップアップする。奥にはエマージェンシーキー差し込み口が見える。

室内は、自宅のリビングのような居心地のよさを求めている。市街を中心とした日常の移動を主とした自宅から仕事先へというように、部屋から部屋への移動をつなぐモビリティとして、住まいに通じるインテリアとされたのである。

ダッシュボードは平らで、そこに5枚の液晶画面が並び、ファブリックの座席はソファーのようで、グレーと茶と黒を使い分けた淡い印象の緊張感を伴わない色遣いの空間になっている。

リビングをイメージしたインテリア。水平基調のシンプルなデザインで、ウッド調パネルの質感も高い。
ざっくりとした優しい肌触りのメランジ調ファブリックを採用したシート。ブラウンのシートベルトもお洒落。
2人掛けのリヤシートはグレーの濃淡で2トーンを表現。背もたれは一体で前倒しすることで、荷室を拡大することが可能だ。

RR(リヤモーター・リヤドライブ)レイアウトにより4.3mの最小回転半径を実現

走りは、モーター駆動による力溢れる加速はもちろんだが、欧州の石畳の道路などでも快適な乗り心地を目指し、4輪独立懸架のサスペンションを採用する。ホンダの乗用車といえば前輪駆動が特徴だったが、ホンダeは後輪駆動をあえて採用した。それは最小回転半径が軽自動車より小さい4.3mを実現するためだ。

パリ市街では、バンパーとバンパーが接触するほどの縦列駐車をする。単に路地を曲がるというだけでなく、縦列駐車のような使い勝手においても小さな回転半径は大いに役立ち、フランス人たちを驚かせるのではないか。加減速の運転操作は、アクセルのワンペダル方式を選択できる。

スモールEV専用プラットフォームを採用。バッテリーは床下中央に配置して低重心を実現しており、前後重量配分も50:50。サスペンションは前後ともストラットを採用する。
リヤに搭載されたドライブユニット。荷室を邪魔しないよう、402mmの高さに抑えられている。モーターの出力は最大トルク315Nm、最高出力113kW。
タイヤの内輪切れ角は約50度、外輪切れ角は40度を実現。最小回転半径は4.3mと驚異的な数値。

世界初! 5スクリーンを水平配置したインパネ

HMIで、全面的な液晶画面が正面に並ぶ様子はモーターショーなどのコンセプトカー以外ではめったに見ることのない取り組みだ。その画面は、スマートフォンのようなタッチ操作で様々に内容を切り替えられる。左右の端の画面は、ドアミラーの代わりとなる後方確認のためのカメラ映像になる。ほかに、パーソナルアシストと呼ばれる、AI(人工知能)技術を応用した音声入力での各種操作も行える。

左右端はサイドカメラ用の6インチモニター、中央部には12.3インチスクリーンが二つ並び、メーターディスプレイは8.8インチを採用する。
サイドカメラミラーシステムが全車標準なのはホンダeが初めて。カメラは170画素で、LEDフリッカー抑制機能付き。ターンランプも内蔵される。
サイドミラーがないため、斜め前方の視界は広々。また、モニターに映る画像もクリアで見やすかった。
Hondaパーソナルアシスタントは音声認識により情報検索が可能。「OK、ホンダ」と呼びかけると、コミカルなキャラクターが反応してくれる。

スマホでエアコンの遠隔操作が可能。車内Wi-Fiも装備

コネクティッドは、スマートフォンの機能との連動が主たる内容だ。EVは空調に電気を奪われると走行距離に影響が及ぶ。そこで出発前の充電中に空調を作動させ、事前に車内の温度環境を整えておくことで、リチウムイオンバッテリーに充電された電力を走りに有効活用することができる。

駐車しているときにも役立つクルマであるようにと、車内Wi-Fi機能を備え、たとえば急速充電中に動画を観るなど時間を有効活用できるようにしている。

スマホでクルマのロック解除、パワーオンが可能なほか、エアコンの遠隔操作、目的地設定が可能。
車内Wi-Fiも装備しており、動画デバイスをHDMI接続して動画鑑賞を楽しむこともできる。

ホンダeの4つの特徴の概要を一部紹介するだけで、これだけ長くなってしまった。ホンダ初の市販EVとして、内外装の造形はもちろん、EVらしさを活かした走行性能に加え、最新そして先進の情報通信技術を満載したというのが、ホンダeである。

次回から、それぞれの詳細を解説していくことになる。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ