MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. レヴォーグ

乗り比べてわかった! 新型スバル・レヴォーグのオススメが断然「STI Sport」な理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
向かって右がSTI Sport、左がGT-H。走行性能に関する両者の違いはサスペンションだが、乗り比べてみるとその差は小さくないと感じられた。

先代レヴォーグでも定評のあった走行性能だが、新型レヴォーグの進化は想像以上だった。サーキットで限られた時間の試乗でも、新型のポテンシャルの高さは存分に体感することができた。では、GT-HとSTI Spotのどちらがオススメか? 乗り比べてみての結論は、ズバリSTI Sportだ。その理由をご説明しよう。

TEXT●安藤 眞(ANDO Makoto) PHOTO●SUBARU

新プラットフォーム&新パワートレーンの実力は圧倒的

かつて人気を博したレガシィツーリングワゴンの後継機種として日本専用に仕立てられたスバル・レヴォーグが、いよいよ第2世代にフルモデルチェンジ。発表発売は10月15日だが、8月20日から先行予約が開始され、早くも好調な受注が伝えられている。しかし、それもそのはず、スバルの最新技術を漏れなく搭載し、まさに「満を持して」のフルモデルチェンジだからだ。

最新技術その1は、2ステップ進化したSGP(Subaru Global Platform)。16年デビューの現行インプレッサで頭出しになった新世代プラットフォームに対し、構造用接着剤の塗布量増大と、フレームを先に溶接する“フルインナーフレーム骨格構造”を採用することにより、現行レヴォーグに対して静的な捩り剛性を44%、フロントの横曲げ剛性を14%、捩りの動剛性(固有振動数)を18%向上させている。

最新技術その2は、新設計された水平対向4気筒エンジン。従来型レヴォーグの1.6Lから1.8Lに排気量アップされただけでなく、シリンダーブロックや各パーツのレイアウトまでゼロから設計しなおした新エンジンだ。詳細は別項を参照いただきたいが、直噴リーンバーンの効果によって、最大熱効率は世界トップレベルの40%を達成。それでいて最大トルクは300Nmと、従来型より50Nm強力なトルクを発揮する。

最新技術その3は、運転支援システム“アイサイト”の一新。前側方にミリ波レーダーを追加して、交差点右左折時や出会い頭事故の回避・軽減を行なう新世代アイサイトと、そこに高精度3D地図データを加えることで、渋滞時ハンズフリー運転を実現したアイサイトXのふたつを用意する。

俊敏な走りの秘密はボディ&シャシーにあり! フルインナーフレーム構造と電子制御ダンパーを採用【スバル新型レヴォーグ詳密解説】

スバルの新型レヴォーグはフルインナーフレーム構造を採用し、大幅に剛性が向上したSGP(スバルグローバルプラットフォーム)...

あわせて読みたい

ガソリンターボで熱効率40%超を実現できた秘密とは? 完全新設計のボクサーエンジン「CB18」に迫る【スバル新型レヴォーグ詳密解説】

スバルが10月15日に発表を予定している新型レヴォーグの心臓は、1.8L直噴ターボエンジンが搭載される。型式は「CB18」。従来...

あわせて読みたい

「アイサイトX」は渋滞時ハンズオフに対応! 停止・発進の繰り返しもスイッチ操作なしで可能に【スバル新型レヴォーグ詳密解説】

新型レヴォーグには、新型ステレオカメラの採用などにより大幅な進化を遂げた最新世代の「アイサイト」が搭載される。さらに...

あわせて読みたい

STI Sportの電子制御ダンパーはスポーティにも快適にも走れる

“アイサイトX”のプロトタイプ車両試乗記については既報の通りだが、今回はサーキット(袖ケ浦フォレストレースウェイ)で現行型との比較試乗する機会を用意していただいたので、今回はそのインプレッションをお伝えしよう。

試乗した順は配車の関係で、1:電子制御ダンパーを採用する最上級グレードのSTI Sport、2:現行型STI Sport、3:新型のGT-Hグレード、となったが、評価する上では絶好の順番。なぜなら人間の感受性は、悪い物→良いものという変化より、良いもの→悪い物という変化に対してのほうが敏感だからだ。

新型のSTI Sportには、乗り心地や操舵応答、パワートレーンの特性を4段階に切り替えられる“ドライブモードセレクト”がついているため、もっとも穏やかな“Comfort”にセットしてスタートする。

ピットロードから本コースに出る際に気付くのは、車内の静かさと、転がり感の滑らかさ。停止からそこそこの加速をして本コースに出るのだが、エンジン回転数はそれほど高まらず、メカノイズもほとんど聞こえてこない。加速中でも同乗者と普通の声で会話ができる。

いくつかコーナーを回ってみて驚いたのが、姿勢変化の滑らかさ。一般にComfortモードというと、ブレーキングでは盛大にノーズダイブしてリヤの接地荷重が抜けたり、ハンドルを切っても大きくロールしてだらしなくアンダーステアが出たりするのが常だったが、新型のSTI Sportは、まったくそんなことはない。操舵の初期応答こそマイルドだが、ロールが落ち着いてからの切り増しにもきっちり付いてくるし、途中から腰砕けになるということもない。そもそもサーキットを走るようなクルマではないし、公道でクルマとやりとりしながらドライビングを組み立てて行くなら、Comfortモードでも十分、楽しめそうだ。

続いて2周目は、Normalモードに切り替えてみる。パワーユニットの特性はComfortと同じで、ダンパーとパワステの制御が少し締まった感じに切り替わる。という事前説明のとおり、ロール速度が少し抑え気味になるのだが、サーキット走行のレベルでは、あまり大きな差は感じられない。Comfortモードのできが良いからかも知れないが、ライン取りや速度の自由度が大きいサーキットより、狭いワインディングを走ったほうが、バランスの良さはわかると思う。

ピットロードで加速する瞬間から基本性能の高さがうかがえた新型レヴォーグ。今回の試乗テストはSTI Sportから始まった。
Comfortでもサーキット走行に不足は感じられなかったが、Sport+にするとパワステやAWDの制御も変更され、さらにスポーティな走りが楽しめた。

ドライブモードセレクトはステアリングスイッチで切り替えられるほか、センターディスプレイでもタッチ操作が可能。
そこで3周目には、SportをスキップしてSport+を試してみた。このモードはパワートレーン制御がシャープになり、4WD制御も後輪へのトルク伝達が常に多めになる。となれば、前輪の駆動力負担が減って、余裕が生まれたグリップ力が旋回方向に使えるから、ターンインがシャープになるし、立ち上がり加速でもアンダーステアは抑えられて気持ちよく曲がる。エンジン回転数も高めに制御されるので、コーナーからの立ち上がりでもシフトダウンが遅れるということはない。

それ以上に驚いたのが、乗り心地の良さだ。サーキットだから基本的に路面は良いのだが、縁石を踏んだ際の突き上げは少ないし、日常的に使っても違和感はなさそう。これこそ、毎秒500回という頻度で減衰力が切り替えられる電子制御ダンパーの威力で、姿勢変化を抑えつつも、大入力があれば瞬間的に減衰力を落としてショックを緩和してしまう。これだけ乗り心地が良ければ、路面の荒れた公道でも我慢を強いられることはないだろう。

上記の4つのモードのほか、「Individual」では最大5名分の好みの設定が保存できる。

さて、規定の4周回を終え(最終周回はクールダウン)、従来型に乗り換える。ピットロードから加速しただけで、「従来型って、こんなにうるさかったっけ?」と驚いた。特に金属性のノイズが盛大に車内に侵入して来る。加速自体はきっちりするので「遅い」と感じることはないが、エンジン回転数が高めになるため、ゆとりという点ではずいぶん違う。

スタビリティの差も非常に大きい。新型は終始路面に張り付くように安定しているのだが、従来型は、つま先立ちで歩いているような不安定感がある。リヤのスタビリティが新型より低いし、操舵の手応えにも頼りなさがある。単独で乗ってもほとんど感じないのだが、新型から乗り換えると顕著に違う。グリップ限界付近ではそれなりに安定しているので、過渡領域で大きな違いがあるように感じた。新型と較べるとブレーキの利きも甘く思えるし、ブレーキング中にはステアリングの振動も伝わってくる。

GT-Hの完成度も高い。が、乗り比べるとSTI Sportの良さが光る

最後にまた、新型に乗り換える。今度は電子制御ダンパーの付かないGT-H。静粛性や滑らかさ、張り付くような安定感は、STI Sportと変わらない。減衰力はSTI SportのNormal相当だそうで、ノーズダイブや過渡ロールなど、大きな動きはうまく抑えられている。...のだが、最大の違いは乗り心地。STI Sportでは感じられなかった小さなコツコツ感が、終始伝わって来る。と言っても「乗り較べて初めてわかる」という程度なのだが、意外なことにサーキット試乗でもっとも大きな差が感じられたのは、操安性より乗り心地だった。

GT-Hは電子制御ダンパーではなく、コンベンショナルなダンパーを採用する。
GT-Hが採用する「SI-DRIVE」は、エンジン特性を切り替えることが可能。I(インテリジェント)とS(スポーツ)の2モードがある。

というわけで、お勧めしたいのはSTI Sport。「STIはマニア向けなんでしょ?」と誤解しているあなたにこそ、ぜひ試乗して欲しい。価格差は35万円ぐらいになりそうだが、支払う価値は十分にある。

新型レヴォーグは3グレード構成。正式な価格は未発表だが、GTが約280万円、GT-Hが約300万円、STI Sportが約335万円の模様(それぞれ、プラス35万円でアイサイトX搭載グレード[EX]を選べる)。GT-HとSTI Sport(写真)の価格差は約35万円だが、その価値は十分にあると思えた。

スバル・レヴォーグ STI Sport EX

新型レヴォーグの最上級グレードがSTI Sportだ。ドライブモードセレクトや電子制御ダンパーが備わる。
GT-Hとの外観上の違いは、専用フロントバンパー/グリル、専用マフラーカッターなど。
STI Sportのホイールは18インチの専用デザイン。タイヤはヨコハマタイヤのブルーアースGT(225/45R18)。
パワートレーンは全グレード共通の1.8L水平対向4気筒ターボ。177ps&300Nmというスペックだ。
「EX」を選択すると、センターに11.6インチのディスプレイが備わり、メーターもフル液晶タイプに。STI Sportのメーターは専用デザインを採用。
STI Sportは本革シートを採用。内装色はボルドー/ブラックのみで、ボディカラーとの組み合わせがちょっと難しいかも!?

スバル・レヴォーグ GT-H EX

中間グレードのGT-Hは、ベースグレードのGTに対して後席シートヒーターやハンズフリーリヤゲートなどが追加される。
STI SportとGT-Hでは、それほど外観上の違いはない。ただ、WRブルーのボディ色はSTI Sportのみで選択可能。
GT-Hのホイールは、STI Sportと同サイズの18インチだがデザインが異なる。ちなみにGTは17インチ。
シートはファブリックで、ブルーステッチがあしらわれる。STI Sportよりもオーソドックな配色だ。

スバル・レヴォーグ STI Sport EX

■ボディサイズ
全長×全幅×全高:4755×1795×1500mm
ホイールベース:2670mm
車両重量:1580[1570]kg
乗車定員:5名
最小回転半径:5.5m
燃料タンク容量:63L

■エンジン
型式:CB18
形式:水平対向4気筒DOHCターボ
排気量:1795cc
ボア×ストローク:80.6×88.0mm
圧縮比:10.4
最高出力:177ps(130kW)/5200-5600rpm
最大トルク:300Nm/1600-3600rpm
燃料供給方式:筒内直接噴射
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

■駆動系
トランスミッション:CVT
駆動方式:フロントエンジン+オールホイールドライブ

■シャシー系
サスペンション形式:FマクファーソンストラットRダブルウィッシュボーン
ブレーキ:FベンチレーテッドディスクRベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:225/45R18

■燃費
WLTCモード:13.6km/ℓ(社内測定値)
JC08モード:16.5km/ℓ(社内測定値)

※[ ]はGT-H EX。また、数値はすべてプロトタイプのもの。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ