Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. トゥインゴ

個性派ライバル、フィアット・パンダとMFトゥインゴ号を乗り比べ。コーナーが楽しくなるのは、やっぱりトゥインゴ! <ルノー・トゥインゴ長期レポートVol.7>

このエントリーをはてなブックマークに追加
左がMFトゥインゴ号(EDCキャンバストップ)右がフィアット・パンダ Easy

個性的な欧州コンパクトといえば、フィアット・パンダ。乗り味もルックスもトゥインゴに負けず劣らず楽しいパンダは、ルノー・トゥインゴのライバルになるのか? 乗り比べてみた。
レポート日:2020年10月11日
オドメーター:3220km

TEXT&PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

駐車場と広報車の都合で、最近は日産GT-Rと編集部のルノー・トゥインゴ(MFトゥインゴ号)に乗ることが多い。乗り換えるときに、ちょっと意識を集中させないと、うまくドライブできないほど違う両車だが、どちらもとても楽しい。

MF編集部の長期レポート車は、ルノー・カジャー→メガーヌときて、現在のトゥインゴ号になったわけだが、個人的にはトゥインゴ号が一番好きだ。運転していてわくわくする。コンパクトなサイズは東京の街中を走り回るのに最高の武器だし、0.9ℓ直3ターボのパワーも必要充分以上だ。

ルノー・トゥインゴ EDCキャンバストップ 全長×全幅×全高:3645mm×1650mm×1545mm ホイールベース:2490mm フィアット・パンダ Easy 全長×全幅×全高:3655mm×1645mm×1550mm ホイールベース:2300mm

フィアット・パンダ | 自動車史に残る(はず)0.9ℓ直2SOHC+可変バルブタイミング&リフト機構+ターボは、2020年に乗っても魅力的か?

フィアット・パンダが搭載するのは、0.9ℓのツインエアエンジンだ。愛らしいコンパクトなスタイル、楽しい乗り味のパンダの短...

あわせて読みたい

この楽しさ、最近体験したな、と思って考えたら、それはフィアット・パンダだった。

ちょっと並べてみよう。

サイズと車重は、
トゥインゴ
全長×全幅×全高:3645mm×1650mm×1545mm
ホイールベース:2490mm
車重:1040kg
パンダ
全長×全幅×全高:3655mm×1645mm×1550mm
ホイールベース:2300mm
車重:1070kg
とほとんど同じ。トゥインゴ号の方が190mmもホイールベースが長いため、前後のオーバーハングが短い。小回り性の高さはトゥインゴ号の方が上だ。

ボディデザインについては、好き好きだからなんとも言えないが、どっちもかわいくていい。

上がMFトゥインゴ号、下がフィアット・パンダ Easy

インテリアはどちらもいい意味で”チープシック”。広くもないし、プラスチッキーだし、装備も簡素だし、でもそれが貧乏くさくない。試乗したパンダにはカーナビが装着されていたが、MFトゥインゴ号はカーナビなし。Apple CarPlayでiPhoneをつなげばいいといえばいいけれど、やっぱりナビはあった方が便利だと思う。

上がMFトゥインゴ号、下がフィアット・パンダ Easy

フロントシートは、どちらもクッションが硬め。でも、座ってみるとちゃんと身体に馴染むし、お尻が動くこともない。とてもいいシートだ。とくにトゥインゴ号のシートは、(個人的には)フランス車のシートという感じではないが、それでも座り心地がいい、なかなか良い出来のシートだと思う。

トゥインゴ号のフロントシート(左)はヘッドレスト一体型。どちらもフカフカという感じではないが座り心地はとてもいい。
リヤシートは当然さほど広くはない。大人4人で長距離はちょっとつらいかも。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ