Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. ロードスター

【理想の2台持ち|マツダ・ロードスター&日産リーフ】MTのスポーツカーとVtoH可能なEVの組み合わせがベスト(御堀直嗣)

このエントリーをはてなブックマークに追加

御堀直嗣さんが選んだ「理想の2台持ち」は、日産リーフとマツダ・ロードスター。リーフは家庭に電力を供給できるVtoH機能が魅了で、ロードスターはMTモデルで人車一体を味わいたいという。

TEXT●御堀直嗣(MIHORI Naotsugu)

EVの快適さは一度味わったらやめられない

理想の2台の組み合わせは、マツダ・ロードスターと、日産リーフだ。

ロードスターは、幌でマニュアルシフト。もっとも廉価な車種で運転を素直に楽しみたい。その目的であれば、コネクティビティやオーディオなどに凝る必要もない。中古の程度のよいものを掘り出せれば嬉しい。

日常のクルマとしてはEV(電気自動車)以外に考えられない。いま、3代目のプリウスに11年も乗っているが、トヨタの営業に次はEVしか買うつもりがないと言ったら、二の句も出なかった。そして、「実はトヨタ車の選択肢にEVがないことに困っている」と漏らした。

EVのなかでは、本当はテスラ・モデル3が一番欲しい。基本的に4ドアセダンが好きだからだ。しかし、テスラでは、VtoH(ヴィークル・トゥ・ホーム)が使えない。リーフとしたのは、EVとVtoHはセットだと考えるからだ。それでなければ意味がないと思っている。ホンダeも魅力的だが、年間1000台しか売らないのだから、簡単には買えないだろう。

東京に住んでいても、過去に豪雪はあったし、昨年の台風15号のような風台風では千葉県で3週間ほど停電になり、同じことが将来的に東京で起こることも想定される。単に電気代を節約したいというだけでなく、甚大化する自然災害に対し、暮らしが電気に頼っている今日、EVでVtoHをやっていれば、日常生活を続けられる可能性が高まる。もちろん、家が壊れてしまったら元も子もないが...。

EVの快適さは、一度味わったら止められない。先般、運転免許証を取得して最初に買ったクルマがEVだという二十代の若者たちに会った。彼らは、エンジン車に全く興味がないという。そういう時代がもう訪れているのだ。

ちょい乗りぐらいでEVのよさはわからない。そういう人が、急速充電器が足りない、距離が短いなどと文句ばかり言う。

ゼロエミッションな暮らしは、清潔で快適なのだ。そして、道のすいたとき、ロードスターのマニュアルシフトで人車一体を味わえれば、カーライフとしては最高ではないか。それでも、乗馬に比べたら物足りない。本音を言えば、EVで乗馬に行ければ、私はそれでいいのだ。

日産リーフ
マツダ・ロードスター

『理想の2台持ち』は毎日更新です!

1台でなんでもこなすよりも、目的を分けた2台を所有することで、
カーライフはもっと豊かになる。ということで、自分のライフスタイルや好みに合わせた理想の2台の組み合わせを、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ