Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

新型三菱エクリプス クロスPHEVモデルの標準装着タイヤにブリヂストンの「ECOPIA H/L 422 Plus」が採用!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリヂストンは1月27日、三菱自動車が昨年12月に発売した新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」PHEVモデルの新車装着用タイヤとして、「ECOPIA H/L 422 Plus」が採用されたことを発表した。装着サイズは「225/55R18 98H」。

低燃費性能に加えて、操縦安定性能とウェット性能を高次元で両立

三菱自動車の「エクリプス クロス」は、スタイリッシュなクーペフォルムとSUVの機動力を融合させたクロスオーバーSUVとして、2017年よりグローバルで展開されたモデル。新型「エクリプス クロス」に設定されたPHEVモデルは、モータードライブによる滑らかで力強い走りと、4輪制御技術「S-AWC」による思い通りの操作性、軽快感と安心感により走りの魅力を高めている。

これまでブリヂストンは三菱自動車との長年にわたる共働を通じて、三菱自動車が発売する様々な車両の価値の実現に貢献してきた。そのなかで今回、新型エクリプス クロスPHEVモデルに装着される「ECOPIA」は、ウェット性能や操縦安定性能などタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したタイヤブランドで、ブリヂストンの高い技術を結集・追求した「断トツ商品」のひとつ。

ブリヂストン「ECOPIA H/L 422 Plus」

「ECOPIA H/L 422 Plus」は、新トレッドゴムの採用により転がり抵抗を低減させるとともに、パタン剛性を向上してグリップ力を確保。低燃費性能に加え、操縦安定性能とウェット性能を高次元で両立させることで、新型「エクリプス クロス」 PHEVモデルの安全性能・操縦安定性、快適性に貢献している。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ