直4+8速DCTを組み合わせた「ロータス エミーラ ファーストエディション」登場

ロータス エミーラ ファーストエディション、日本導入決定! AMG製2.0リッター直4ターボ搭載

ロータス エミーラ ファーストエディションのエクステリア。
AMG製2.0直列4気筒ガソリンターボが搭載された「ロータス エミーラ ファーストエディション」の日本導入がスタート。
ロータスカーズの日本正規販売輸入総代理店「エルシーアイ」は、2022年4月22日(金)から全国の正規販売代理店において「ロータス エミーラ ファーストエディション」の受注をスタートした。エミーラ ファーストエディションは2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載し、充実のインフォテインメントシステムや快適機能を満載。生産開始は2023年1月以降を予定している。

Lotus Emira First Edition

365psを発揮するAMG製パワートレイン

ロータス エミーラ ファーストエディションのディテール。
エミーラ ファーストエディションには、最高出力365psを発揮するAMG製「M139」2.0リッター直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載される。

エミーラはロータスの最後のガソリンモデルとして登場し、メディアから絶賛された「エミーラ V6 ファーストエディション」は予想をはるかに超える注文を世界中から受けることになった。プロトタイプの最初の映像が公開されると、ロータスの公式ウェブサイトのトラフィックは50%の増加を記録。それに伴いエミーラへの問い合わせも175%増加したという。

国内導入が決まった「エミーラ ファーストエディション」は、最高出力365psを発揮するAMG製「M139」2.0リッター直列4気筒直噴ターボエンジンの特注バージョンを搭載。このパワーユニットはエミーラのために特別製造されており、エンジンをミッドマウントするためのハードウェアの変更と、ロータスのキャラクターを実現するために新たなソフトウェアが採用されている。

最先端技術を導入してCO2排出量を抑えながら卓越した性能を発揮「M139」は、公道使用が認められた世界で最もパワフルな2.0リッター直列4気筒ターボエンジンとなり、信頼性も高く世界最高の直4ユニットとして広く認められている。ローラーベアリングを備えたツインスクロールシングルターボチャージャーは、高速スプールアップと最小ラグに最適化されている。また、エキゾーストシステムはロータスがデザインし、エミーラ独自のものとなる。

専用セッティングされた8速DCT

ロータス エミーラ ファーストエディションのエクステリア。
ロータスとしては初採用となったパドルシフト付き8速デュアルクラッチトランスミッションは、ヘセルにおいて専用セッティングが施されている。

「エミーラ ファーストエディション」の重要なポイントのひとつは、標準装備されるパドルシフト付き8速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)。これはロータスとしては初搭載となる。

ロータス・カーズのビークルアトリビューツ・ディレクターを務めるギャヴァン・カーショウは、直列4気筒仕様のエミーラについて次のようにコメントした。

「直4仕様のエミーラはロータスがAMGと共同開発した特別仕様の後輪駆動バリアントであり、パフォーマンスの重要ポイントであるギヤシフト設定はロータスのへセル・チームにより設定されました。これはエミーラ独自のもので、卓越したドライビング、パフォーマンス、燃費とエミッションの最高のバランスに最適化されています」

専用エンジンベイカバーとCピラーバッジ

ロータス エミーラ ファーストエディションのエクステリア。
エミーラ ファーストエディション専用のエクステリアとして、Cピラーバッジに加え専用エンジンベイカバーが採用されている。

エクステリアには、専用エンジンベイカバーとCピラーバッジを採用。エミーラ V6 ファーストエディションと同様に、直4バージョンには数多くの装備が標準搭載される。さらに、カスタマーの好みに合わせた仕様に仕立てることが可能な無料選択オプションや、いくつかの有料オプションも用意された。

足元には、20インチ超軽量Vスポーク鍛造アロイホイールを標準装備。ダイヤモンドカットはプレミアムな2トーン仕様となり、シルバーとグロスブラックも無償で選択可能となっている。

標準装備される「2ピースハイパフォーマンスブレーキディスク」と「ロータスネーム入りブレーキキャリパー」は、ブラックの他にレッド/イエロー/シルバーから選択可能。TPMS(タイヤプレッシャーモニタリングシステム)も標準装備となる。エクステリアカラーはセネカブルー、マグマレッド、ヘセルイエロー、ダークバーダント、シャドーグレー、ニンバスグレーの標準6色から選択できる。

エクステリアディテールには、LEDによるヘッドライトとテールランプ、チタニウムカラーエキゾーストテールパイプフィニッシャー、電動調整及び可倒式ヒーテッドドアミラー、リヤパーキングセンサーも含まれる。「ローワーブラックパック」も標準装備となり、フロントバンパーエアブレード、フロントスプリッター、サイドシル、リヤディフューザーがグロスブラックで仕上げられた。

充実の標準装備が与えられたコクピット

ロータス エミーラ ファーストエディションのインテリア。
コクピットはインテリアトリム&シートが7種類の組み合わせから選べる他、充実の快適装備が標準搭載されている。

7種類から選択可能なインテリアトリム&シートも標準装備。レザーは「ブラックナッパレザー+グレーコントラストステッチ」「レッドナッパレザー+レッドステッチ」「アイスグレーナッパレザー+アイスグレーステッチ」「タンナッパレザー+タンステッチ」の4種類から選択できる。

アルカンターラ仕様は、「ブラックアルカンターラ+グレーコントラストステッチ」「ブラックアルカンターラ+イエローコントラストステッチ」「ブラックアルカンターラ+レッドコントラストステッチ」の3種類から選択可能。さらに、サテンクロームインテリアトリムフィニッシュ、インテリアムードライト(ホワイト)、ロータスネーム入りシルキックプレートが、このスペシャル仕様のインテリアを完成させた。

ヒーター(3セッティング)付きシートは、12ウェイ電動調整機能と2プリセットメモリー機能(運転席&左右ミラー)を備える。クライメートコントロール(シングルゾーンエアコンディショニング)、クルーズコントロール、キーレススタート、ボイスコントロール、選択式ドライブモードも標準で装備される。

英国のオーディオブランド「KEF」とのパートナーシップにより開発された10チャンネル・プレミアムオーディオシステム(340W)を搭載。全ての機能はダッシュボード中央に取り付けられた「10.25インチタッチスクリーン」と、マルチファンクションステアリングホイール後方に設置されている「12.3インチTFTドライバーディスプレイ」を介して操作する。

充実のオプションパックを標準装備

ロータス エミーラ ファーストエディションのエクステリア。
エクステリアをクールに演出する「ローワーブラックパック」に加えて、「ロータスドライバーズパック」「コンビニエンスパック」「ロータスデザインパック」が標準採用された。

「ローワーブラックパック」に加え、さらに3つのオプションパックも標準装備(ロータスドライバーズパック、コンビニエンスパック、ロータスデザインパック)された。

「ロータスドライバーズパック」によるサスペンション+タイヤコンビネーションは、ツアーサスペンション+グッドイヤー「Eagle F1 SuperSport LTS」タイヤ、スポーツサスペンション+グッドイヤー「Eagle F1 SuperSport LTS」タイヤ、スポーツサスペンション+ミシュラン「Pilot Sport Cup 2 LTS」サーキットタイヤの3つから選択可能。ロータスドライバーズパックにはトラックモードESPが含まれ、ハイパフォーマンスドライビングにおいて必要な情報をTFTインストゥルメントディスプレイに表示する。

「ロータスデザインパック」は、プライバシーティントガラス(リヤ3クォーターウインドウ、リヤウインドウスクリーン)、スポーツペダル、ブラックアルカンターラ・インテリア・ヘッドライニング、エミーラ・ロゴ入りフロアマットが追加となる。

「コンビニエンスパック」は、フロントパーキングセンサー、リヤリバースカメラ、雨感知ワイパー+エアロブレード、自動調光バックミラー、ストレージネット(リヤラゲッジコンパートメント、助手席フットウェル)が追加装備された。

【車両本体価格(税込)】
ロータス エミーラ ファーストエディション:1386万円

【問い合わせ】
ロータス コール
TEL 0120-371-222

【関連リンク】
・エルシーアイ 公式サイト
http://www.lotus-cars.jp/

ロータス エミーラ日本上陸! 東京オートサロンにて国内初公開

ロータス エミーラが日本にやってきた! 初期ロットが即完売した「ベイビースーパーカー」が初お披露目 【東京オートサロン2022】

エルシーアイは2022年1月14日に「東京オートサロン 2022」の会場で、注目の新型ミッド…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部