テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/08/12
  • Motor Fan illustrated編集部

究極の効率化・モジュラー設計のBMWディーゼル──B37/B47/B57

世界のエンジン オールアルバム file 029:BMW B37/B47/B57

このエントリーをはてなブックマークに追加
B37
■B37
シリンダー配列 直列3気筒ディーゼル
排気量 1496cc
内径×行程 84.0mm×90.0mm
圧縮比 16.5
最高出力 85kW/4000rpm
最大トルク 270Nm/1750rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL ×/×

 日本にも導入されていた1.6ℓN47型4気筒ディーゼルは、すべてモジュラーエンジンのBシリーズのディーゼルに切り替わった。そのボトムラインを支えるのが3気筒のB37型である。単筒容積500ccはガソリン、ディーゼルで共通。シリンダーブロックも共用する。その結果、同じ気筒同士(たとえばB37とB38)の比較ではガソリンとディーゼルの部品共用率は40%近くに達するという。ディーゼルのボア×ストロークは84.0×90.0mmで共通。現在は、116d、216d、316dなどが3気筒のB37を搭載。118d、218d、318dは4気筒のB47型2.0ℓを搭載しているので、B37を搭載するモデルは意外と少ない。インジェクターは200MPaのソレノイド式を採用している。ターボはボッシュ・マーレ・ターボシステムズ製。

116dは縦置き3気筒のB37D15型で、216d、MINIは横置きのB37C15型を搭載する。コモンレールシステムは200MPaのソレノイド式を採用する。
B37にはボッシュ・マーレ・ターボシステムズ製のVGターボ、BV065が採用されている模様だ。
B47

■B47
シリンダー配列 直列4気筒ディーゼル
排気量 1995cc
内径×行程 84.0mm×90.0mm
圧縮比 16.5
最高出力 165kW/4400rpm
最大トルク 450Nm/1500-3000rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL ×/×

 BMWの次期主力ディーゼルユニットがモジュラーエンジンシリーズの4気筒ディーゼルのB47だ。ガソリンとディーゼルでシリンダーブロックの素材は共通。ボアは、ガソリンが82.0mmに対してディーゼルは84.0mmと2mm違うが、ボアピッチは91mmで共通だ。おそらく1シリーズ、MINIから5シリーズまでほぼすべてのモデルに搭載されることとなるだろう。投入されている技術は3気筒のB37とほぼ共通。インジェクターはソレノイドの200MPaが標準だが、高出力版のB47C/D20T0型は同じくソレノイドながら250MPaまで噴射圧が高められている。6気筒版であるB57には、N57Sで採用されたトリプルターボも設定されている。

インジェクターはボッシュ製ソレノイドの200MPaが標準。高出力版はソレノイド式だが250MPaを使う。
全機にVG(可変ジオメトリー)ターボを装備。B37とB47で同じターボチャージャーを使えるのは、過給効率を常に最適に保てるVGのおかげだろう。タービンの外側にあるのはベーンの角度を変えるためのレバー。
新型X3に搭載されたB47型直4ディーゼルにはボッシュ製コモンレールシステムが採用されている。もちろん、ターボはVG(バリアブルジオメトリー)ターボだ。
B57

■B57
シリンダー配列 直列6気筒ディーゼル
排気量 2993cc
内径×行程 84.0mm×90.0mm
圧縮比 16.5
最高出力 235kW/4400rpm
最大トルク 680Nm/1750-2250rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL ×/×

 直3&4のガソリン版からスタートした、BMW新モジュラーエンジン戦略の真打ちとも呼べる、直6リバイバルの第一弾。ボア×ストロークは当然3気筒のB37、4気筒のB47と共通。ただし、それらがシングルターボなのに対し、本機ではツインターボを飛び越えて一気に4つのターボチャージャーを備えるに至った。構成は2基ずつの高圧ターボと低圧ターボからなり、低負荷時には1基の高圧ターボのみで過給。エンジン回転数と負荷が増加すると、高圧ターボの前段にある2基に低圧ターボが加勢し、2700rpmを境に4基すべてのターボが働くというシークエンスとなる。4つのターボチャージャーはシングル版や前任のN57Sで採用したトリプル版よりも小径化されており、徹底したレスポンス向上と過給効率に貢献する。高過給に対応したインジェクターの燃圧は2500bar、筒内燃焼圧力は最大210barに達するという。

294kw/760NmのハイパワーDEを搭載した750dは、0-100㎞/hを4秒台、最高速250㎞を実現しつつ燃費は従来型より5%低い。VWのV8DEを凌駕するのが義務とされた直6である。
現在、B57のトップグレードは シーケンシャルツインターボ× 2の計4基のターボを装備するクワッドターボだ。今後は、ボ ルグワーナーの新R2S( VGターボ×2のシーケンシャルツインターボをふたつ、計4基のターボ)を使うようだ。
BMWのトップ・オブ・ディーゼルだけに、インジェクターも高出力版はソレノイドではなくピエゾ式インジェクターを使う。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated