MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > シボレー > シボレーカマロ > パワフルで楽しめるクーペはどっちだ? シボレー・カマロSSとレクサスRC F ミドルサイズ2+2シータークーペはV8と2.0ℓターボの比較も見所
  • 2018/11/05
  • 遠藤正賢

パワフルで楽しめるクーペはどっちだ? シボレー・カマロSSとレクサスRC F ミドルサイズ2+2シータークーペはV8と2.0ℓターボの比較も見所

シボレー・カマロSS/レクサスRC F

このエントリーをはてなブックマークに追加
シボレー・カマロSS
1967年の初代デビュー以来、6代半世紀超にわたり、流麗なクーペスタイルとパワフルな走りのV8エンジンを備え、アメリカンスポーツクーペの象徴であり続けている、シボレー・カマロ。レクサスの「エモーショナルな走り」のイメージをけん引するクーペ専用モデル、RC。この両車の中から、V8エンジンを搭載する高性能モデル「シボレー・カマロSS」と、「レクサスRC F」のサイズやエンジンを比較してみた。

 日本や欧州で排ガスや燃費の測定試験方法がWLTCに移行し、カタログ表記や税制上のメリットが薄れてもなお、ダウンサイジングターボエンジンの設定車種は増え続けており、このシボレー・カマロとレクサスRCも2.0ℓ直4直噴ターボエンジンを設定している。

 だがその一方で両車とも、大排気量NAのV8エンジンを、最も高性能なモデルに搭載。古き良きマッスルカーの味わいを今に伝える、とても粋な計らいと言えよう。まずは両車のボディサイズから比べてみよう。

シボレー・カマロSS 全長×全幅×全高:4780×1900×1340mm ホイールベース:2810mm トレッド:フロント1600/リヤ1600mm

レクサスRC F 全長×全幅×全高:4705×1850×1390mm ホイールベース:2730mm トレッド:フロント1555/リヤ1560mm

 カマロSSは見た目を裏切らないアメリカンサイズだが、これでも先代より60mm短く、15mm狭く、40mm低くなっており、ホイールベースも45mm短縮されている。

 対するRC Fは凝縮感のあるその外観に反して実際のボディサイズは大きく、カマロSSに対し75mm短く、50mm狭く、50mm高く、ホイールベースも80mm短いだけ。標準のRCでもRC Fとのサイズの違いは各10mm以内に留まっているので、RCそのものが意外にも大柄に作られていることになる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る