MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/29
  • 遠藤正賢

S600/S800クーペの再来か!? ホンダが「スポーツEVコンセプト」をワールドプレミア!【東京モーターショー2017】

「アーバンEVコンセプト」をベースにしたコンパクトEVスポーツカー

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ・スポーツEVコンセプトのイメージスケッチ
本田技研工業(ホンダ)は9月29日、10月27日から11月5日に開催される第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表。「スポーツEVコンセプト」を世界初公開することを発表した!

今回の東京モーターショーでホンダは、“自分を、もっともっと連れ出すんだ。”をブースコンセプトに、モビリティーを通して拡がる人間の可能性、豊かな生活を提案する。

ホンダ・アーバンEVコンセプトのフロントまわり。写真はクリーム色に変更された東京モーターショー出展車両

「スポーツEVコンセプト」は、9月にフランクフルトモーターショーで世界初公開された「アーバンEVコンセプト」とプラットフォームを共有したコンパクトなボディに、EV性能と人工知能(AI)を組み合わせ、人とクルマがひとつになったような運転感覚を体験できるモデルを目指して開発。

「一目で心に残り、多彩なライフスタイルに自然と溶け込む親しみやすいデザインとし、所有する喜びと愛着が感じられる、次世代のスポーツカーを目指した」という。

スポーツEVコンセプトとほぼ同様のコンビランプを持つアーバンEVコンセプトのリヤまわり。写真はフランクフルトショー出展車両

現時点で公開されているのは、リヤまわりのイメージスケッチ1点のみ。アーバンEVコンセプトとほぼ同様のリヤコンビランプを備えながら、クラシカルなファストバックスタイルを備えていることがうかがえる。

スポーツEVコンセプトと同じくファストバックスタイルを備えるホンダS800クーペのリヤまわり

昔からのホンダファンにとっては、1960年代に販売されたホンダS600/S800クーペを連想させるこのスポーツEVコンセプト、全容が明らかにされるのは10月25日、東京モーターショーのプレスデイ初日になりそうだ。

ホンダNeuV(ニューヴィー)

このほか東京モーターショーでは、コンセプトカーとしては前述の「アーバンEVコンセプト」や、1月のCESで発表された、人工知能(AI)を搭載したEVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」をジャパンプレミア。さらには、現時点では車名のみの公開に留まっているが、「ロボキャスコンセプト」をワールドプレミアする。

また、主催者である日本自動車工業会のテーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB(トーキョーコネクテッドラボ)2017」では、“もっと、家族と一緒にいよう。”をコンセプトに、家族とのつながりにフォーカスした「家モビコンセプト」のほか、「ふれモビコンセプト」、「チェアモビコンセプト」、「Ai-Miimoコンセプト」、計4台のモビリティを世界初公開。家族の生活の新しい可能性を提案する。

ホンダのメインブースは東7ホール、「TOKYO CONNECTED LAB(トーキョーコネクテッドラボ)2017」のホンダブースは西3ホールに設置される。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る