MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/21
  • MotorFan編集部

最強最速のメガーヌR.S.【ルノー・メガーヌR.S.トロフィー】デビュー! ライバルはホンダ・シビック・タイプR

Renault Megane R.S. Trophy

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年のフランクフルトショーでベールを脱ぎ、
まもなく日本へと上陸する見込みのルノー・メガーヌR.S.だが、
欧州では早くもホットバージョンのトロフィーがリリースされた。

300psの強心臓で打倒シビック・タイプR!

 ルノー・メガーヌR.S.に、早くも最強グレードのトロフィーが追加された。エンジンはR.S.と同様の直列4気筒ターボユニットで、6速MTもしくは6速EDCと組み合わされる。

 ターボチャージャーは新たにセラミックボールベアリングを採用し、より軽く、スムーズに回転させることが可能となり、かつ耐久性も向上しているという。およそ20万rpmで回転することで、最高出力は20ps引き上げられて300ps、最大トルクはDCT仕様では30Nm増の420Nm、MTモデルでは10Nm増の400Nmをマークする。

 エキゾーストシステムは、新たにチャンバー内に可変バルブが設けられ、レスポンスの向上が図られているという。

 サスペンションは革新的な4コントロール(4輪操舵)システムが引き継がれるものの、よりアグレッシブな設定とされた。ダンパーの減衰力はR.S.のシャシーカップ仕様と比べて25%高められ、スプリングは30%固められ、アンチロールバー(スタビライザー)は10%固められている。

 日本ではスタンダードのR.S.の上陸を目前に控えているが、常に世界でルノー・スポール系モデルの販売上位に入っているマーケットであり、遅かれ早かれこのトロフィーも導入されることになるだろう。

 現在、世界最速のFFとされているホンダ・シビック・タイプRとの戦いにも注目が集まる。


「ルノー・カングー20周年のすべて」絶賛発売中!
今年で生誕20周年を迎えたルノー・カングーを徹底解剖する一冊。日本とフランスで徹底的に走り込んだ試乗レポートや、フランス郵政公社「ラ・ポスト」の本物の配達人へのインタビュー、そしてこれまで日本で販売されたカングーを限定車も含めてすべて紹介するなど、カングー好きの知識欲を満足させる盛りだくさんの内容になっています。

発売:2018年7月5日(木)
定価:907円+税


自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る