MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/02
  • レブスピード編集部

レクサスLFAの全開サウンドは跳ね馬超えの官能さ!!

GRガレージ札幌厚別通 十勝走行会でLFAに同乗!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月に日本最北端のGRガレージとしてオープンした、北海道で唯一の『GRガレージ札幌厚別通』。以前から「86&グリーンカップ」への参戦や、「親子カート大会」「オートテスト」を開催するなど、積極的に活動をしてきた。参加者全員が楽しめるモータースポーツイベントを十勝スピードウェイで開催したが、そのメインイベントはLFAでの同乗試乗だったのだ。

 モータースポーツフェスティバルと名打たれたこのイベント。主なコンテンツは自分のクルマでサーキットを走る「走行会」。プロの運転に乗る「同乗走行」の2つ。さらに簡単なパイロンコースでタイムを競うオートテストや、地元の名物「豚丼」を食べながらゲストらによるトークショーを楽しんだ。
 サーキット走行では、ドライバーのスキルによって上・中・初級の3クラスに分けられ走りを満喫。走りやすさを重視したクラス分けもGR札幌厚別通のこだわりである。

 ゲストは2016年スーパーGT300クラスチャンピオンの松井孝允選手。今シーズンもスーパーGT&スーパー耐久では86、ニュル24時間ではLEXUS LCで活躍中。
 さらにヴィッツGRMNを開発したトヨタ自動車GR開発統括部の佐々木良典さんも登場。GRの信念やこだわり、さらに現場でしか聞けない開発者ならではの情報にトークショーのお客様が思わずドキッとすることもあるほど。

この試乗会に用意されたデモカーはATの86、MTの86GR、ヴィッツGRMN、スーパーチャージャー仕様の86の4台。そしてこの4台の先導に付いたのが発表されたばかりのカローラスポーツ!

 デモカー体験試乗では、86、86GR、ヴィッツGRMN、スーパーチャージャー仕様の86と豪華な4台が用意された。参加者各々が希望車を運転し、サーキットでの乗り味を確認。その体験試乗を先導したのが、イベント前日に発表になったばかりのカローラスポーツという心憎い演出で皆を驚かせた。

 松井選手のドライブによる同乗走行は、多くの参加者に体験してもらう為にGRスポーツノアを用意し、定員フル乗車で走行。プロの運転テクニックに同乗者全員が魅了されていた。

ノアなのに、どこまでブレーキを踏まないの??と不思議になるほどコーナーに近づいてから減速を始める松井選手のドラテクに参加者は大興奮。松井選手によると、雨なのであまりスピードが出ないのでブレーキが奥になっているだけというのだが・・・。

 さらに、超目玉の同乗走行に用意されたマシンが、世界に50台しか存在しないLFAニュルブルクリンクパッケージ!誰もが一度は乗ってみたいこのスーパーカーに運良く同乗できたのは、抽選を勝ち取った5名。その異次元の走りは一生の想い出になったことだろう。
 ちなみに筆者もレポーターとしての責任を全うするべく同乗させてもらった。コースインとともに訪れるLFAの加速は、強烈でありながらNAエンジンらしい高回転への伸びが感じられる気持ちよさ。そして、同時にフェラーリをも超えると言われる官能的サウンドが車内に充満する!

 一日中クルマで楽しめ、レアなGRグッズのお土産も付いたこのイベント。参加者全員が大満足で帰路についた。GRガレージ札幌厚別通では、既に来年の2月に雪上モータースポーツイベントを開催予定とのこと。今後も同店からの情報をチェックしておこう!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る