MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/11
  • MotorFan編集部

スポーツカー大きさ比較 AE86レビン/MR2/86/A70スープラ/A80スープラ/次期スープラ

トヨタの歴代スポーツカーを大きさで比べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
AE86レビン
次期スープラのデビューが近づいてきた。いわゆる「スポーツカー」は大きなセールスボリュームは期待できないが、自動車メーカーのブランドイメージの構築には大きな力を発揮する。不景気になるとスポーツカーをモデルラインアップから外すメーカーが多いなか、トヨタはなんらかの形でトヨタ流「スポーツカー」を作り続けている。

 スポーツカーの定義はいつの時代も難しい。だから、ここではそこは深掘りせずに、トヨタの歴代スポーツカーを大きさから俯瞰してみよう。「へぇ〜あのスポーツカーは、こんな大きさだったんだ!」と思っていただければ、幸いだ。
 全長が短い順に並べてみる。

初代MR2(1984年)全長×全幅×全高:3950×1665×1250mm ホイールベース:2320mm

AE86(レビン)1983年 全長×全幅×全高:4180×1625×1335mm ホイールベース:2400mm

 さすがに1990年以前のモデルは、みな小さい! 1983年デビューで、いまでも人気のAE86レビン/トレノのサスペンションは、前:ストラット 後:5リンクリジッドで、車重:900-925kg(2ドア)935ー940kg(3ドア)とやはり軽量だ。
 翌年の1984年に鳴り物入りでデビューしたMR2(なにせミッドシップ・スポーツカーだったのだから)も全長×全幅×全高:3950×1665×1250mm ホイールベース:2320mmと現代では考えられないくらい小さい。


86(2012年)  全長×全幅×全高:4240×1775×1320mm  ホイールベースが2570mm

A90型次期スープラ(2019年?)全長×全幅×全高:4385×1860×1295mm(?)ベース:2470〜2480mm

 2019年デビューが噂されている次期スープラ(A90型)の予想スペックは
全長×全幅×全高:4385×1860×1295mm
ホイールベース:2470〜2480mm
程度とされている。ホイールベースは86より短く、トレッドは広いディメンションになると予想されている。全長は4400mmを切るくらいか。
 

スープラ A80型(1993年) 全長×全幅×全高:4520×1810×1275mm ホイールベース:2550mm

スープラ(A70型)1986年 全長×全幅×全高:4620×1745×1300mm ホイールベース:2595mm

 そのスープラの歴代モデルを見てみると、スープラがGT(グランツーリスモ)だったことがよくわかる。長ーいボンネットの下に直列6気筒エンジンを積むGT。それがスープラだから、次期スープラは、よりコンパクトで俊敏なスポーツカーになるのだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る