Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. フォレスター

New Subaru Forester e-BOXER 市街地メインならe-BOXERだ。スバル新型フォレスターでe-BOXERを選ぶ理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイサイトver.3は全車標準装備。後側方警戒支援システムとハイビームの照射範囲制御がセットになったアイサイトセイフティプラスはe-BOXERの「Advance」には標準装備される。

 燃費はどうか?
WLTCモード燃費:14.0km/ℓ(13.2km/ℓ)
 WLTC市街地モード:11.2km/ℓ(9.6km/ℓ)
 WLTC郊外モード:14.2km/ℓ(14.6km/ℓ)
 WLTC高速道路モード:16.0km/ℓ(16.4km/ℓ)
(カッコ内)は、2.5ℓモデルの数値。

 e-BOXERが燃費で2.5ℓモデルに明確に勝るのは市街地モードのみだ。やはり2.5ℓとe-BOXERでは使うシチュエーションが違うのだ。フォレスターがほしいとなったら、自分の日常の運転状況を考えてパワートレーンを選べばいい。ちなみに、私が選ぶならe-BOXERだ。圧倒的に都内を走っていることが多いから。

 ちなみに、スバルのエンジニアに伺うと、燃費に関しては、WLTCモードを見てもらうのが一番わかりやすい、とのことだった。
 参考までに100km/h巡航時のエンジン回転数を伺うと
2.5ℓ:1500rpm
e-BOXER:1567/1581rpm(タイヤ径で違う)
となる。
 トランスミッションのレシオカバレッジは同じ(3.600~0.512)で、最終減速比がe-BOXERが3.900なのに対して2.5ℓモデルは3.700だからだ。

e-BOXERには、カメラで運転者の顔を認識し、脇見や居眠りに対し警報を発する先進のDMS(ドライバーモニタリングシステム)を装備する。DMSは、2.5ℓモデルでは選べない。
タイヤは225/55R18サイズのブリヂストンDUELER H/P Sport

 スバル側はe-BOXERは3割程度と予想していたそうだ。4割というのは予想以上にe-BOXERに対する期待が高いことを意味する。初期需要が一巡して、このe-BOXER比率がどう変化するか。また、XVにもe-BOXER搭載モデルが追加されたことを考えても、スバルの全ラインアップにe-BOXERが拡大するのは時間の問題だろう。より車重の軽いモデルに積んだときのe-BOXERがどうなのかも興味深いところだ。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ