MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/22
  • HYPER REV編集部

ノーマル比重量46%の衝撃! ダイハツ・コペン用カーボン製ホイールが登場!

愛知・安城市のカーランドバーデンで9月22~23日に開催中のコペンフェスタで展示

このエントリーをはてなブックマークに追加

カーボンというと縦横に編み込まれた模様が思い浮かぶが、このホイールの素材はカーボンの繊維を樹脂に混ぜ込んだタイプのものということで、ご覧のような模様となる。

9月22日(土)~23日(日)に、愛知県安城市のカーランド バーデンで開催される「コペンフェスタ」で、なんとコペン用サイズのカーボン製ホイールがお披露目される。

このホイールは、東洋紡が新開発した熱可塑性カーボンの新素材が使われ、株式会社ラピートがプレス圧縮成形(スタンパブル工法)での試作を担当。
今後は量産が見込まれているという。

展示されているホイールは、現行コペンのノーマル採用のホイールと同サイズ(16inch×4.5J)同強度を実現している一方で重量は3.97kgと、ノーマル比は現状で38%となっている。
また、ホイールの強度規格であるJWL規格で製造すれば、ノーマル比46%の軽量化を達成するという。

ホワイトに塗装されたバージョンも。

量産されれば、カーランド バーデンがその販売を担当することになる。
カーランド バーデンの坂井マネージャーに話をうかがった。
「販売価格は今回のイベントで採らせていただくアンケートを参考に決めたいと思いますが、1本10万円はしない価格帯で販売したいですね。また、デザインやカラーリングも検討中です。カラーリングするとカーボンの素材らしさが見えなくなったり、そもそも塗装が難しい素材なので、試行錯誤しています」とのことだ。

コペンオーナーはもちろん、チューニング趣向のクルマ好きや、カーボンマニアにとっても気になるこのホイール。ぜひ、カーランド バーデンで実物を目にしてほしい。

問 カーランドバーデン
〒446-0004 愛知県安城市尾崎町上大縄1

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る