MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/12
  • GENROQ編集部

アウディがフォーミュラEのニューマシンを公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月に開幕するフォーミュラEのシーズン5を戦う新しいマシンをアウディが公開した。シーズン4でチームタイトルを獲得したマシンをさらに進化させ、軽量化も実現しているという。

アウディは12月15日に開幕するフォーミュラE選手権(シーズン5)を前に、新しいマシン、Audi e-tron FE05を公開した。
 2017年7月に開催されたシーズン4の最終戦でチームタイトルを獲得したAudi e-tron FE04をさらに進化させたこのマシンは、アウディとシェフラーが共同開発したAudi Schaeffler MGU03と呼ばれるモータージェネレーターユニットを搭載。プロジェクトリーダーのトリスタン・サマースケイルは

「1速ギヤというコンセプトはそのままに、全てのパーツを製作しました。ドライブトレインパーツの95%を新設計することで、重量を10%削減することにも成功しました」

 とコメント。フォーミュラEではモーター、インバーター、ギヤボックス、リヤサスペンションコンポーネント、ソフトウェア以外の部分は全チーム共通となるため、これらの部分の開発が非常に重要となる。

 そしてAudi e-tron FE05の外観上の最大の特徴はリヤウインを持たないことだろう。ダウンフォースは後部のディフューザーが生み出す構造だ。

 モーターのパワーは予選では250kW(340ps)、決勝では200kW(272ps)に制限され、最小重量はドライバーを含めて900kgと規定されている。そして今まではひとりのドライバーが2台のマシンを乗り換えていたが、2018/2019シーズンはひとり1台のマシンとなる。これはバッテリー(マクラーレン製)の性能が向上し、45分間のレースを走りきることができるようになったためだ。

 ドライバーは今まで通り、ダニエル・アプトとルーカス・ディ・グラッシ。またアウディワークスチーム以外にもイギリスのヴァージン・レーシングがこのAudi e-tron FE05で参戦する予定だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る