MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > カローラ > 顔が違う。トヨタUSAも新型カローラセダンを発表!
  • 2018/11/16
  • MotorFan編集部

顔が違う。トヨタUSAも新型カローラセダンを発表!

同日の中国の広州国際モーターショーで行なわれたワールドプレミアに続いて、北米でも2020年モデルとしてお目見え。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタUSAは11月16日、新型カローラセダンを発表した。TNGAプラットフォームによるスタイルと走りの進化、内外装の洗練されたデザイン、充実した予防安全装備をアピールしている。

 リリースではコンパクトセダンとして大きな注目を集めるこのニューモデルの特徴を、より低く軽く生まれ変わったデザインにあると強調。パワフルなフェンダーフレアとフェンダー上面の彫刻的な造形がそのポイントということだ。

 パワートレーンは従来型の1.8ℓ直4に加えて、新しい2.0ℓ直4ダイナミックフォースエンジンを搭載。発進用ギヤを持つ新型CVTのほかに、カローラスポーツでも採用されている6速インテリジェントMTも用意される。

 大きく高められたボディ剛性と低い重心により、ハンドリングはより俊敏性を増したということだ。また従来のトーションビーム式からマルチリンク式にグレードアップしたリヤサスペンションにより、コンフォートセダンとしての資質も高いレベルにあることを強調。18インチの大径ホイールが用意される点にも注目したい。

 ダッシュボード上面の造形をスリム化してオープンな視界を得たインテリアでは、下位グレードを除いて中央に8インチマルチメディアタッチスクリーンを用意。スイッチや表面の加飾など乗員が触れるさまざまな部分の質感も高めた。

 新型カローラセダンはまず2019年春に米国、欧州で販売開始。その後に日本を含む世界90以上の国で19年内の販売を予定している。


自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る