MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/27
  • MotorFan編集部

まったく新しいコンパクトSUV、レクサスUXがいよいよ正式発表

いま最も熱いカテゴリーである都市型クロスオーバーにレクサスが投入した意欲作

このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスは11月27日、コンパクトSUVカテゴリーに属するブランニューモデル、レクサスUXを発表した。同日から全国のレクサス店で販売を開始している。

 LX、RX、NXに続くレクサスのSUVモデル末弟として生まれたこのレクサスUXは、タフな力強さと俊敏な走りをイメージさせる大胆かつ洗練されたエクステリアがまず目を惹く。パワートレーンには2.0L直4と2.0L直4+モーターのハイブリッドを用意。全長4495mmに抑えられ、全高は1540mmと、機械式駐車場への対応も考慮されたサイズだ。

 都会派コンパクトクロスオーバーとして、「Creative Urban Explorer」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指したというこのモデルは、縦方向に厚みをもたせたボディにより、安心感のあるタフな力強さを強調。さらに、キャビンの中心から、タイヤに向かって前後のフェンダーが張り出した構成として俊敏な走りを予感させるプロポーションを持っている。

 レクサスの個性ともいえる三眼LEDヘッドランプには、上部にアローヘッド形状のクリアランスランプを配置し精悍な表情を演出。また、スピンドルグリルはブロックメッシュ形状とし、角度によって表情を変えるUX独自のデザインを採用し、力強さを表現した。サイドは強く張り出し、リヤへ向けて大胆にキックアップする上下ふたつのキャラクターラインが躍動感を創出している。




 リヤはスタイルはスピンドルをテーマとした面取り造形とすることで、凝縮感とシャープさを強調。リヤコンビネーションランプは左右一体の翼形状だが、両端を立体的な縦フィン造形にすることで走行安定性に寄与する空力性能を確保。このように独創的なデザインを実現しながら、機能美を追求した。

 インテリアは、クロスオーバーらしいシルエットでありながら走りを予感させる低いドライビングポジションとステアリングを中心に配置した操作系で、ドライビングの高揚感を演出するコクピットを実現。さらに、内と外の境界を曖昧にする日本の建築思想に着想を得た、インストルメントパネルの上部からフード・フェンダーへと内外が連続するような造形で、タイヤ位置の認識のしやすさや見晴らしのよい視覚的な開放感を実現し、「人とクルマの一体感」を創出している。


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る