MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/07
  • MotorFan編集部 今 総一郎

たった3秒で出来る!? おウチの「トヨタ・プリウス」の走りが劇変する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月に登場した現行「トヨタ・プリウス」は、発売からそろそろ3年が経過する。とはいえ、今でも販売ランキング上位の常連であり、街中を走る姿を見ない日はない。そんな多くの人が乗る「プリウス」で、いますぐ使える小技を伝授したい。

最大年収1500万、自動車求人を見る!<生産技術>

控えめに言って本気を出します、『パワーモード』……起動!!

 とかくエコな性能ばかりが注目されるプリウス。だが、それにしては高速をいい勢いでカッ飛んでいるプリウスを見かけることも少なくない。いったいなんなのだろう、あれ。

 では説明しよう!!

「トヨタ・プリウス」は、シフトレバーの左隣に置かれた「DRIVE MODE」のスイッチを押すことで「NORMAL」「ECO」そして「PWR」と3種類の走行特性へと切り替えることが出来るのだ。

 なかでも「PWR」は「プリウス」の潜在能力を引き出す、いわば“本気”モード!!
加減速や旋回Gを検出して必要に応じて高めのエンジン回転数を維持し、アクセル操作に対する反応が鋭くなり、踏み込んだと同時に弾き出されるように加速する。

「さっきまでと同じだと思ったら、大間違いだぁーーー!!」

 信号待ちからの発進や、高速道路での追い越しや合流など、狙ったスキはもう逃さない。メーターが深紅に輝いた「プリウス」の勢いは、もう止められない。


トヨタ・プリウスの価値をサイレントマジョリティに向けて【新型TOYOTA PRIUS】

トヨタ・プリウスαなどSクラスのスイングドア+3列シートの魅力【写真で見るライバル比較シリーズ】

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る