MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/13
  • ニューモデル速報

新型ホンダ・インサイトの、北米仕様にはない日本だけの特別な仕様とは?

北米仕様と日本仕様の違いに注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本では発表されたばかりの新型ホンダ・インサイト。北米ではすでに発売されているが、日本仕様とは異なる部分も。そこで、北米仕様と日本仕様を見比べながら違いを見てみよう。

 新型インサイトを日本市場に導入するに当たって、日本のユーザー向けに北米仕様から変更が施されている。その最たる部分が、フロントグリルだ。インサイトの上質さを表現する当たって、クロームバーが左右に広がり存在感を主張するフロントグリルとなっている。刀身をイメージしたとあって、スラリとシャープなデザインだ。

こちらは北米仕様のインサイト。サイドのマーカーなど法規による違いも。
こちらは日本仕様。存在感のあるグリルによって、グッと車格が上がった印象。

 そしてもうひとつが独立したリヤスポイラーの存在。日本仕様にはトランク上にスポイラーが設置される。ルーフからのラインを阻害せず、それでいてリヤビューにスポーティさを加えてくれる。北米仕様はスポイラーはないが、トランクエンドがダックテール状に跳ね上がっているのが特徴だ。

北米仕様。後ろに伸びたトランクが、ルーフからのラインを強調する。
日本仕様は独立したスポイラーにより、スポーティさが増している。

 インテリアは基本共通だが、日本仕様にはウルトラスエードを使った内装の設定があるのが違う。ただ、北米仕様には日本仕様にはない華やかなホワイトレザー内装の設定があり、これはちょっと日本仕様にも欲しいかも!?

北米仕様。ホワイトレザーは北米だけの設定だ。よく見るとセンターコンソールのドリンクホルダーの形状が違っていたりする。スタートボタンはステアリングの左右が違えど、「ステアリングの右側」に位置する。
日本仕様。ウルトラスエードの内装は日本仕様だけ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る