MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. インサイト

北米仕様と日本仕様の違いに注目! 新型ホンダ・インサイトの、北米仕様にはない日本だけの特別な仕様とは?

  • 2018/12/13
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本では発表されたばかりの新型ホンダ・インサイト。北米ではすでに発売されているが、日本仕様とは異なる部分も。そこで、北米仕様と日本仕様を見比べながら違いを見てみよう。

 新型インサイトを日本市場に導入するに当たって、日本のユーザー向けに北米仕様から変更が施されている。その最たる部分が、フロントグリルだ。インサイトの上質さを表現する当たって、クロームバーが左右に広がり存在感を主張するフロントグリルとなっている。刀身をイメージしたとあって、スラリとシャープなデザインだ。

こちらは北米仕様のインサイト。サイドのマーカーなど法規による違いも。
こちらは日本仕様。存在感のあるグリルによって、グッと車格が上がった印象。

 そしてもうひとつが独立したリヤスポイラーの存在。日本仕様にはトランク上にスポイラーが設置される。ルーフからのラインを阻害せず、それでいてリヤビューにスポーティさを加えてくれる。北米仕様はスポイラーはないが、トランクエンドがダックテール状に跳ね上がっているのが特徴だ。

北米仕様。後ろに伸びたトランクが、ルーフからのラインを強調する。
日本仕様は独立したスポイラーにより、スポーティさが増している。

 インテリアは基本共通だが、日本仕様にはウルトラスエードを使った内装の設定があるのが違う。ただ、北米仕様には日本仕様にはない華やかなホワイトレザー内装の設定があり、これはちょっと日本仕様にも欲しいかも!?

北米仕様。ホワイトレザーは北米だけの設定だ。よく見るとセンターコンソールのドリンクホルダーの形状が違っていたりする。スタートボタンはステアリングの左右が違えど、「ステアリングの右側」に位置する。
日本仕様。ウルトラスエードの内装は日本仕様だけ。

おすすめのバックナンバー

東京モーターショー2019速報‼

東京モーターショー2019速報‼ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ