MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/20
  • MotorFan編集部

新型スズキ・スペーシア ギア発売! SUVテイスト満点の軽ハイトワゴン

このエントリーをはてなブックマークに追加
アクティブイエロー ガンメタリック2トーンルーフ
アルト、ハスラー、ジムニーと、スタイリッシュな軽モデルを連発しているスズキから、またしても個性溢れる新型モデルが登場した。ハイトワゴンタイプの軽乗用車スペーシアをベースにに、タフでアクティブなSUVデザインを施した新型「スペーシア ギア」が本日2018年12月20日(木)より発売されるのだ。
ブリスクブルーメタリック ガンメタリック2トーンルーフ

 新型「スペーシア ギア」は、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトとしたスペーシアの新モデルだ。

 ベーシックデザインの「スペーシア」、圧倒的な迫力と存在感の「スペーシア カスタム」に加え、軽ハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいと考えるユーザーに、SUVデザインの新しいスタイルのクルマとして提案されたという。

 エクステリアは、丸型のヘッドランプ、フロントグリル、フロント・リヤバンパー、サイドドアガーニッシュ、ルーフ色などをガンメタリック色に統一した専用装備や、積載に便利なルーフレールの標準装備により、SUVらしいタフでアクティブなデザインとした。

 ブラックを基調としたインテリアには、メーターやシートステッチなどにオレンジのアクセントカラーを施し、ツールボックスをモチーフにしたインパネアッパーボックスを採用。タフでアクティブな中にも遊び心が感じられる空間を演出している。

 発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載したほか、スリムサーキュレーター、後席両側ワンアクションパワースライドドアなど快適装備を充実。さらに、日常だけでなくアウトドアでも水濡れや汚れを気にせず使える、撥水加工を施した専用ファブリックシート、防汚タイプのラゲッジフロアやシートバック背面を採用。後席右側のパーソナルテーブルや、メッシュタイプの助手席シートバックポケットなどを採用し、アクティブライフに役立つ使い勝手の良さを高めている。

 前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」に加え、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を全車に標準装備したほか、フロントガラス投影式の「ヘッドアップディスプレイ」をメーカーオプション設定し、安全装備を充実させているのもセールスポイントだ。


オフブルーメタリック ガンメタリック2トーンルーフ
ツールグリーンパールメタリック ガンメタリック2トーンルーフ
フェニックスレッドパール ガンメタリック2トーンルーフ
スチールシルバーメタリック
ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール3

HYBRID XZ
2WD:161万4600円
4WD:173万2320円

HYBRID XZターボ
2WD:169万5600円
4WD:181万3320円

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る