MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/02
  • Motor Fan illustrated編集部

間もなく登場の新型レガシィで、ついに消えるスバルの水平対向6気筒。EZ36型が終焉を迎える

SUBARU BOXER6 EZ36

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバルの水平対向6気筒エンジン、EZ型3.0ℓ水平対向6気筒エンジン
間もなく登場する七代目スバル・レガシィ。デビューは2月7日に開幕するシカゴ・オートショーだ。SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用する上級モデルの登場に期待が集まるが、新型レガシィのデビューが意味するのは、スバルの水平対向6気筒エンジンの終焉である。
次期スバル・レガシィのティーザー画像

 新型レガシィは、北米をメイン市場にするスバルにとって重要なモデルだ。5年ぶりにフルモデルチェンジを受けて登場する七代目レガシィは、SGPを採用する。エンジンは、おそらく2.5ℓ水平対向4気筒NAのFB25と、2.4ℓ水平対向4気筒直噴ターボのFA24になるだろう。


新型スバル・レガシィが2019シカゴ・オートショーでデビュー〈七代目 SUBARU LEGACY〉

 現行六代目レガシィ(日本ではレガシィB4)のエンジンはFB25型とEZ36型3.6ℓ水平対向6気筒NAの2種類(レガシィB4はFB25のみ)を用意していたが、新型ではFB25とFA24のふたつの水平対向4気筒エンジンになる、と予想される。

 これが意味するのは、明確だ。

スバルの水平対向6気筒エンジンの終焉

 である。
 EZ36型3.6ℓ水平対向6気筒からFA24型2.4ℓ水平対向4気筒ターボエンジンへダウンサイジングを図ることによって、ついにスバルから水平対向6気筒エンジンが消えることになる。

 すでに日本ではカタログから落ちていた(先代五代目のレガシィアウトに3.6というグレードがあった)。北米ではトライベッカに搭載していたが、アセントになってFA24へ移行した。最後までEZ36型水平対向6気筒エンジンを搭載していたレガシィ/アウトバックがモデルチェンジすることで、スバルの水平対向6気筒エンジンの歴史が終わるわけだ。

 これで、量産車向けに水平対向6気筒エンジンを生産するのは、ポルシェだけになる。


スバルの新エンジン:FA24型登場 大型SUV・アセントに搭載!

EZ36とはどんなエンジンだったのか?

EZ36。スバル最後の水平対向6気筒となったエンジンだ。

エンジン形式:水平対向6気筒DOHC
エンジン型式:EZ36
排気量:3629cc
ボア×ストローク:92.0×91.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:260ps(191kW)/6000rpm
最大トルク:335Nm/4000rpm
給気方式:NA
カム配置:DOHC
吸気弁/排気弁:2/2
バルブ駆動方式:直接駆動
燃料供給:PFI(ポート噴射)
可変バルブタイミング機構:In/Ex

 スバル最後の水平対向6気筒となるEZ36は、3.0ℓのEZ30の排気量アップしたエンジン。EZ30は、スバル初のチェーン式カムシャフト駆動を採用するなど、全面的に刷新されたエンジンだった。
 ダイレクトバルブ駆動ながら、可変バルブタイミングを実現する機構が追加されるなどの変更を経て、2007年に排気量をアップしてEZ36になった。吸排気ダブルAVS(可変バルブタイミング機構)を装備したことで可変リフトは廃された。斜め割りコンロッドの採用など、見所の多いエンジンだった。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る