MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/05
  • MotorFan編集部

ヤマハのフラッグシップスクーター「TMAX530」 シリーズが、 2019年カラーを発売

スポーティと上質さ、個性を際立たせる2つの新色を採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
上:「TMAX530 SX ABS」マットダークパープリッシュブルーメタリック1、下:「TMAX530 DX ABS」マットライトグレーメタリック4
 ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒・530㎤エンジンを搭載するオートマチックスポーツコミューター「TMAX530 SX ABS」および「TMAX530 DX ABS」*1のカラーリング設定を変更し、2019年カラーとして2月25日より発売する。

ヤマハ・TMAX530 SX ABS……1,242,000円

ヤマハ・TMAX530 DX ABS……1,350,000円

 「TMAX」シリーズは、“Master of Scooter”をコンセプトに電子制御スロットルや軽量アルミフレームなどによる優れた走行性能とエレガントで軽快感のあるデザインで人気を得ているモデルだ。
 「TMAX530 SX ABS」の新色は、「マットダークパープリッシュブルーメタリック1」をボディに採用し、フロントパネルやサイドカバー、インテリアパーツなどにはマットブラックを配しスポーティーなイメージに仕上げている。
 上級仕様の「TMAX530 DX ABS」の新色は、落ち着きのある「マットライトグレーメタリック4」で、ホイールにはマシニング加工*2を施したツートンカラーのアルミホイールを採用とし、上質なイメージを演出。また、「マットダークグレーメタリック8」は継続販売とし2色展開となる。

*1 「TMAX530 DX ABS」は、「TMAX530 SX ABS」をベースに、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーターなど快適装備を充実させた上級モデル。
*2 「マシニング加工」は、CAD/CAMなどの設計ソフトを用いて作成したプログラム通りの切削を行うコンピュータ制御の加工法。

発売日・販売計画etc.

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録に伴う諸経費は含まれていません。
TMAX530 SX ABS/マットダークパープリッシュブルーメタリック1
TMAX530 DX ABS/マットダークグレーメタリック8

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る