MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

新興国向けに、高い耐久性と信頼性で人々の移動やビジネスをサポートする新モデルとして設定。 新型トヨタ・ハイエースがついに正式公開された!

  • 2019/02/18
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは2月18日、フィリピンで新型ハイエースを発表。「働くクルマ」として物流のみならず、送迎、観光、乗合バス等「乗客の輸送」を重視した海外向けモデルとなる。

 先週からニュースをお届けしていた新型ハイエースだが、週明けの本日、トヨタから正式なリリースが発表された。ただしこのモデルは国内向けではなく、「海外向けに新シリーズを開発」とリリース冒頭で触れられている。

 セミボンネットのフォルムとなり、「バン」の他に「コミューター」と「ツーリズム」を設定。新型専用プラットフォームの採用とセミボンネット化により、基本性能や快適性を大幅に向上させた。Euro NCAP5★に相当するクラス最高レベルの安全性を備えているという。


ショートボディ・標準ルーフ車。

 本日のフィリピンでの発売以降、2020年にかけて新興国を中心とした国・地域に順次投入。なお、市場環境が異なる日本においては従来モデルのハイエースを継続していくということだ。

 この海外向けハイエースは「ショート・標準ルーフ」「ロング・ハイルーフ」のふたつのボディタイプを設定。用途に応じて複数の座席および荷室のレイアウトを用意し、乗合バス用途の「コミューター」はクラス最大の乗車人数17名を設定する。また、新たに設定した「ツーリズム」では、快適装備と専用インテリアを採用。

真横から見ると、ボンネットから後ろは現行1BOXタイプと似ている。

 本日のフィリピンでの発売以降、2020年にかけて新興国を中心とした国・地域に順次投入。なお、市場環境が異なる日本においては従来モデルのハイエースを継続していくということだ。

 海外向け新型ハイエースは「ショート・標準ルーフ」「ロング・ハイルーフ」のふたつのボディタイプを設定。用途に応じて複数の座席および荷室のレイアウトを用意し、乗合バス用途の「コミューター」はクラス最大の乗車人数17名を設定する。また、新たに設定した「ツーリズム」では、快適装備と専用インテリアを採用した。

こちらはハイルーフ・ロング車。

 ボディサイズは、ショート標準ルーフが全長5265mm、全幅1950mm、全高1990mm、ホイールベース3210mmと、小型車サイズの4ナンバーがメインとなる国内向けハイエースと比べると相当に大きい。そのため、国内向けには現行の1BOXタイプのモデルを継続販売するのだろう。

 そしてロングハイルーフは全長5915mm、全幅1950mm、全高2280mm、ホイールベース3860mmとさらに巨大。メルセデス・ベンツVクラスのロングが全長5150mm、全幅1930mm、全高1880mm、ホイールベース3200mmだから、さらに大きい。

インパネシフトなどは現行モデルと共通のイメージ。
より豪華なインテリアも用意される。
バンの荷室は現行モデルと同じくらいのサイズ?

 エンジンは1GD(2.8ℓディーゼル)、7GR(3.5ℓガソリン)を設定。駆動方式についての詳細は触れられていないが、ランドクルーザープラドなどに搭載されるGD系ディーゼルは縦置きしかないため、この新型ハイエースもエンジン縦置きの後輪駆動が基本となると思われる。

多人数乗車が可能なコミューターの車内。

日本国内全700点のハイエースパーツ完全収録サイトはコチラ!

スタイルワゴン厳選のプレミアムパーツから、ビギナーのみなさんにも楽勝のドレスアップアップパーツまでがっつりスタンバイです!!

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ