MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > スバル > フォレスター > スバル・アイサイトの機能が充実しているクルマはどれだ!?
  • 2019/02/27
  • ニューモデル速報

スバル・アイサイトの機能が充実しているクルマはどれだ!?

スバル各車の安全装備をまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ぶつからないクルマ?」のコピーで一躍、衝突被害軽減ブレーキをお茶の間に浸透させたスバル・アイサイト。着々と機能を充実させ続けているが、いまアイサイトの機能がいちばん充実しているのはどのクルマなのか? それをまとめてみた。

 アイサイトと言えばブレーキ制御で衝突回避をサポートするプリクラッシュブレーキが有名。しかし、アイサイトには他にも様々な機能がある。まずはそんな機能の数々を見ておこう。

プリクラッシュブレーキ

 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速、または停止する。アイサイトのプリクラッシュブレーキは車両だけでなく、歩行者も認識して対応してくれる。

クルマだけでなく歩行者も検知。

後退時ブレーキアシスト

 後退時にセンサーが障害物を検知し、注意を喚起。回避操作がない場合は自動的にブレーキを掛けて衝突回避、または被害を軽減してくれる。

壁や死角の障害物も検知。

AT誤発進抑制

 駐車スペースから出るときなどの、シフトレバーやペダルの誤操作による急な飛び出しを抑制。警告音などの注意喚起のほか、エンジン出力を抑制して発進を緩やかにする。アイサイトは前進だけでなく、後退時にも対応してくれる。

アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防ぐ。

全車速追従機能付きクルーズコントロール(ACC)

 先行車の車速に合わせて追従走行してくれる機能で、高速道路での長距離ドライブの疲労を軽減してくれる。他のクルマでは30km/hなどの低速に対応していないものもあるが、アイサイトでは全車渋滞対応で、停止まで対応してくれる。

アイサイトは渋滞時の停止にも対応。

後側方警戒支援

 ドアミラーから見えにくい、後側方の車両を検知して知らせてくれる死角車両検知、車線変更時に隣車線の後方から高速で近づく車両を知らせる車線変更支援、駐車場などからの後退時に後側方から接近する車両を知らせる後退時支援を合わせた注意喚起システム。

死角車両検知
車線変更支援

後退時支援

ロー/ハイビーム切り替え

 対向車や前走車両を検知して自動的にロービーム、ハイビームを切り替えてくれるものだが、単純なロー/ハイビーム切り替えのオートハイビームと、前方車両に当たる部分だけを遮光し、その他の部分はハイビームで照射するアダプティブハイビームとがある。

ロービームとハイビームを自動で切り替えるオートハイビーム。
前方車両にかかる部分だけを遮光するのはアダプティブハイビーム。

ツーリングアシスト

 ACCに、車線中央維持機能を追加。アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動的に制御して全車速域で車線維持走行を行なう。わかりやすくいえば半自動運転機能。

アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御するツーリングアシスト。

それでは、どのクルマにどの機能が備わっているのか見ていこう。

アイサイトの標準機能を装備。インプレッサ&XV


プリクラッシュブレーキ:対車両&対歩行者
後退時ブレーキアシスト:○
AT誤発進抑制:○
ACC:全車速
後側方警戒支援:○
ロー/ハイビーム切り替え:オートハイビーム
ツーリングアシスト:ー

 現在のアイサイトのベーシックな装備ともいえるのが、インプレッサとXVの機能だ。ただ、スバルの中ではベーシックと言っても、他のメーカーも見渡せば充実した安全装備なのは間違いない。

アダプティブハイビームを装備。レガシィ


プリクラッシュブレーキ:対車両&対歩行者
後退時ブレーキアシスト:○
AT誤発進抑制:○
ACC:全車速
後側方警戒支援:○
ロー/ハイビーム切り替え:アダプティブハイビーム
ツーリングアシスト:ー

 インプレッサ/XVの機能に、アダプティブハイビームが加わったのが、レガシィB4/アウトバックだ。ただ、レガシィは次期モデルの登場がすでに発表されており、新型がどんな安全装備を備えるのか注目だ。

ツーリングアシストを装備。ただしヘッドライトはオートハイビーム。レヴォーグ

プリクラッシュブレーキ:対車両&対歩行者
後退時ブレーキアシスト:○
AT誤発進抑制:○
ACC:全車速
後側方警戒支援:○
ロー/ハイビーム切り替え:オートハイビーム
ツーリングアシスト:○

 レヴォーグには高速道での半自動運転とも言えるツーリングアシストが備わっているのがポイント。しかし、レガシィでアダプティブハイビームだったロー/ハイビーム切替は、単純なオートハイビームとなる。

アイサイトの機能全部載せ! フォレスター

プリクラッシュブレーキ:対車両&対歩行者
後退時ブレーキアシスト:○
AT誤発進抑制:○
ACC:全車速
後側方警戒支援:○
ロー/ハイビーム切り替え:アダプティブハイビーム
ツーリングアシスト:○

 ツーリングアシスト、アダプティブハイビームも備え、現在アイサイトの機能が一番充実しているのはフォレスターとなった。独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が行った2018年度の予防安全性能アセスメントでも、フォレスターは126点中122.3点という高い評価を獲得。今年度からは対歩行者の被害軽減ブレーキに夜間のテストも加わっており、そんな状況でもフォレスター、つまりはアイサイトの高い安全性能が証明されたわけだ。

 ただし、あくまでもこうした安全機能はサポート機能であって、ドライバーの安全運転が第一であることは変わらないことを覚えておこう。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る