MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. RAV4

【速報インプレッション】 新型トヨタRAV4は絶妙なキャラクター! サイズはCR-VやCX-5と近いけれど、ひと味もふた味も違っていた

  • 2019/04/10
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

RAV4が日本に帰ってきた! 五代目となる新型トヨタRAV4が、いよいよ日本でも発売となった。ホンダCR-VやマツダCX-5という強力なライバルがひしめくクラスだが、そこはトヨタである。ハイブリッドはもちろん、3種類もの4WDシステムを用意し、満を持してのモデルチェンジと相成ったのだ。早速、その試乗レポートをお送りしよう。 

REPORT●石井昌道(ISHII Masamichi)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

RAV4の「4」は4WDの「4」?

 クロスオーバーSUVの先駆けとして1994年に初代がデビューしたRAV4。SUVながら豊富なカラーコーディネイトを誇る洒落者で、TVコマーシャルに木村拓哉さんを採用したこともあって女性ユーザーの人気も高かったが、代を重ねるごとに大型化されて日本の事情に合わなくなっていき、四代目ではついに日本市場から撤退していった。そのかわりに国内専用として小型化したハリアーとコンパクトなC-HRが投入されていたが、SUV人気が本格化したことを受けて五代目にして日本市場へ復帰させることになったという。

 ボディサイズは全長が4600-4610mm、全幅が1855mm、そして全高が1685-1690mm。昨年、同じように国内復帰したホンダCR-Vと同等で日本でも大人気のマツダCX-5とも近い。SUVが一大ジャンルとして定着した現在では、RAV4もそれなりに受け入れられる余地があるわけだ。

 興味深いのは「RAV4の4は4WDの4」とばかりに、4WDシステムを3種類も用意していること。ハイブリッド車はリヤにモーターを追加した「E-FOUR」、ガソリン車は一般的なオンデマンドタイプである「ダイレクトトルクコントロール4WD」、そして新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が採用される。

 エンジン車はダイナミックフォースと呼ばれる新世代ユニットの2.0L自然吸気を採用。車両重量に対して少々アンダーパワーな感もあるのだが、走らせてみればそれほど心配することはなかった。
 
 今どきの直噴ターボなどに比べれば低回転域のトルクが細いので、比較的に回転が高めのところでの走行が多くなるが、ダイナミックフォース・エンジンのレスポンスの良さが印象を良くしている。平地での40〜60km/h程度の巡航ならば2000rpm以下でも過不足なく走り、登りにさしかかったり、それなりの加速を求めたりしても3000rpm台に上げれば望んだだけのトルクが遅れなく湧き出てくる。

 これまた新世代のダイレクトCVTの恩恵で、CVTの悪癖が払拭されているのもドライバビリティの向上に役立っている。有段ギアを使う発進時には文字通りにダイレクトな感覚があり、加速時もエンジン回転が極端に先行することなく、ドライバーのイメージと合うからだ。

 ハイブリッド車はダイナミックフォースの2.5Lと組み合わせ、さらにモーターのアシストが加わるので動力性能に余裕がある。その余裕と制御の進化でこちらの電気式CVTもダイレクト感が大いに向上していて走りを楽しめるようになったのがうれしい。低燃費だからというよりも、エンジン車よりトルクが充実していて走りの楽しさもあるから選びたいハイブリッドとなっているのだ。

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ