MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. RAV4

Toyota RAV4 vs Mazda CX-5 月額の差はわずか623円! 新型トヨタRAV4 HYBRID 4WDとマツダCX-5 XD 4WDの対決。燃費性能で選ぶとどうなるか?

  • 2019/04/11
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

 燃費データでいったら、トヨタのTHSⅡは世界最強だ。だから、単純にモード燃費比較したら、THSⅡモデルに勝てるライバルは皆無と言っていい。

エンジン
2.5ℓ直列4気筒DOHC+モーター
最高出力:178ps(131kW)/5700rpm
最大トルク:221Nm/3600-5200rpm
使用燃料:レギュラー
モーター
フロント:3NM型交流同期モーター
     120ps/202Nm
リヤ:4Nm型交流同期モーター
   54ps/121Nm
トランスミッション:電気式CVT(THSⅡ)

トヨタRAV4 2.5ℓHYBRID E-Four
WLTCモード燃費:20.6km/ℓ
 市街地モード:18.1km/ℓ
 郊外モード:22.4km/ℓ
 高速道路モード:20.7km/ℓ

エンジン
2.2ℓ直列4気筒ディーゼルターボ
最高出力:190ps(140kW)/4500rpm
最大トルク:450Nm/2000rpm
使用燃料:軽油

トランスミッション:6速AT

CX-5 XD エクスクルーシブモード4WD
車両価格◎388万2600円(6AT)
WLTCモード燃費:16.6km/ℓ
 市街地モード:13.4km/ℓ
 郊外モード:16.5km/ℓ
 高速道路モード:18.6km/ℓ

月間走行距離1000km年間1万2000kmだった場合

 ここでは、実走行をシミュレーションして「燃料代」で考えてみよう。


 まず、WLTCモード燃費と実燃費を比べたとき、燃費達成率を70%とすると

RAV4 HYBRID E-Four:14.4km/ℓ
CX-5 XD 4WD:11.6km/ℓ

となる。

 アクティブなユーザーが好む人気SUVだから、走行距離を長めに考えて月1000kmとすると、年間1万2000km。

 1万2000kmを走るために必要な燃料量は次の通りだ。

RAV4 HYBRID E-Fourは833.3ℓのレギュラーガソリンを消費する。
一方のCX-5 XD 4WDは1034.5ℓの軽油を消費する。

これにそれぞれの単価
レギュラーガソリン:140円/ℓ
軽油:120円/ℓ
とかけて1年間の総燃料代をだすと

RAV4 HYBRID E-Four:11万6662円
CX-5 XD 4WD:12万4140円
となる。その差額は7478円。RAV4の方が燃料代が安く済むわけだ。
月に直すと623円の差となる。

月間1500km 年間1万8000kmのロングドライブ派は?

 月に1500km走るヘビーユーザーなら年間1万8000kmとなる。同じように計算すると

RAV4 HYBRID E-Four:1250ℓ17万5000円
CX-5 XD 4WD:1551.7ℓ18万6204円

 の年間総燃料代となる。差額は1万1204円、月額934円である。

月間500km 年間6000kmなら?

 では、月に5000km走行のライトなユーザーだったら……

RAV4 HYBRID E-Four:416.7ℓ 5万8338円
CX-5 XD 4WD:517.2ℓ6万2064円

 となる。差額は3726円、月額310円の違いである。

 つまり、新型RAV4のハイブリッド4WDとマツダCX-5XD 4WDの燃費性能は燃料費を考えたらほぼ互角。当たり前の結論で申し訳ないが、スタイルや走り味で決めればいい。ロングドライブが多い人はディーゼルを、市街地走行が多い人はハイブリッドを選べばいい、という至極当然の結論となった。

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ