MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 308

PEUGEOT 308SW BlueHDi 現行308のイチ押し! プジョー308の新1.5ℓクリーンディーゼル Cセグメント随一のトータルバランスが光る

  • 2019/04/26
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
プジョー308SW アリュール BlueHDi 車両本体価格:329万7000円

2018年12月にプジョー308に追加された1.5 ℓクリーンディーゼルの「BlueHDi」は、グループPSAにおけるディーゼル戦略の中核を担うエンジンだ。年々厳しくなる燃費規制、エミッション対策はもちろん、最高出力の向上も果たしている。実力派揃いのCセグメントで輝けるのか、1.6 ℓから1.5 ℓにダウンサイジングした「BlueHDi」搭載のプジョー308の力量を探った。

TEXT & PHOTO◎塚田勝弘(TSUKASA Katsuhiro)

 プジョー308(ハッチバック/ステーションワゴンのSW)の改良前に搭載されていた「DV6」は、1560ccの直列4気筒ディーゼルターボで、6ATとの組み合わせにより、120PS/3500rpm、300Nm/1750rpmというアウトプットを得ていた。

 2019年12月のマイナーチェンジで切り替わった「DV5」は、排気量を1498ccにダウンサイジングし、「DV6」よりも24mm低くなり、幅も20mm狭くなり小型化が図られている。

DV5 最高出力は130PS/3750rpm、最大トルクは300Nm/1750rpmとなっている

「DV5」は、「DV6」よりも10PS向上し、最高出力は130PS/3750rpm、最大トルクは変わらず300Nm/1750rpmとなっている。トランスミッションは6ATから「EAT8」と呼ばれる8ATに多段化され、小型・軽量化とともに、シフトバイワイヤ化されている。

 なお、JC08モード燃費は、「308 Allure BlueHDi(アリュール)」同士の比較で、改良前の21.0km/ ℓから24.3km/ ℓに向上していて、15.7%アップとなっている。

 試乗したのは、ステーションワゴンの「SW 308 Allure BlueHDi」。ワゴンのボディサイズは、全長4600×全幅1805×全高1475mmで、ハッチバックの全長は4275mm。

 じつは、同じ週にプジョー5008、プジョー3008に立て続けに乗っていて(試乗車はいずれも2.0 ℓ 直列4気筒ディーゼルターボ車)、図らずも2.0 ℓディーゼルターボと、プジョー308の1.5 ℓディーゼルターボと乗り比べることになった。

 3008と5008に積まれている2.0ℓディーゼルは、177PS/3750rpm、400Nm/2000rpmというエンジンスペックで、トランスミッションはこちらも8AT。なお3008は、1640kg(オプションのパノラミックガラスルーフ装着車)という車両重量で、5008は1720kg(パノラミックガラスルーフ装着車)。

 一方の308 SWは、1400kg(パノラミックガラスルーフ装着車)で、3008と比べると240kg軽く、5008とは300kg以上軽くなっている。

 この軽さが加速やフットワークに効いているのはもちろんのこと、308に積まれる「DV6」は、ディーゼルエンジンらしく低回転域から線が太く、首都高速への合流のような少しアクセルを踏み込む際も、力強いダッシュで加速してくれる。2.0 ℓを積むプジョー3008/5008と比べると、1.5 ℓであるプジョー308は、数値では47PS/100Nm譲るのだが、先述した重量差もあってか加速フィールや高速域のパンチ力も感覚的には308 SWの方が上回っているように感じた。

 では、パワーウエイトレシオとトルクウェイトレシオはどうか。プジョー3008は9.266kg/PS、5008が9.718kg/PS。一方の308 SWは10.769kg/PS。トルクウェイトレシオは、プジョー3008が4.10kg/Nm、5008が4.30kg/Nm、308 SWが4.667kg/Nm。

 こちらも見ても1.5 ℓと、小排気量である308 SWの方が劣っているわけだが、実際はより速く感じるから不思議だ。感覚的には308 SWの方がフロントノーズは軽く、ボディサイズもひと回り小さいこともあって、より動きに無駄がない。より意のままに扱える感覚が濃厚だから、より速く感じても不思議でないはずだ。ハッチバックならさらにその印象は増すだろう。

 また、308 SWに積まれている「DV5」エンジンの音・振動面は、ディーゼルらしく少し粗さも感じるものの、際だって気になるわけではない。むしろいつでも意のままの加速を引き出せるという、ディーゼル特有の分厚いトルク感が頼もしく感じる。

 さて、プジョー308の新「BlueHDi」は、ハッチバックの「Allure BlueHDi」が304万9000円、「GT Line BlueHDi」が329万9000円で、ステーションワゴンの「SW Allure BlueHDi」が329万9000円、「SW GT Line BlueHDi」が354万7000円という値付けになっている。

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ