MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/11
  • MotorFan編集部 鈴木慎一

ロータリーはどうなった? マツダの中期経営方針資料から読み解く直列6気筒+FRプラットフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダの次期FR4ドアクーペコンセプト。これが次期マツダ6(アテンザ)になるのか、さらに上級モデルになるのか?
噂に上がっていたマツダの「直6エンジン+FRプラットフォーム」の存在が決算説明会の場で正式に認められたといえるだろう。では、なぜFRなのか、どのモデルなのか? ロータリーはどこへいったのか?
(2019年3月期の数字に誤りがありました。お詫びして修正いたします。5/12)

なぜ直6、排気量は? どんなエンジンになる? マツダの直列6気筒を予想する

 マツダは5月9日に行なった2019年3月期の決算発表で、直列6気筒ガソリン/ディーゼルエンジンと縦置きアーキテクチャー(パワートレーン)を市場に投入する予定であることを明らかにした。
 まずは、マツダが直6エンジン+FRプラットフォームを開発するわけを探っていこう。

 マツダの2018年4月〜2019年3月期の実績は次の通りだ。
世界販売:156万台
売上高:3兆5647億円
営業利益:830億円

 ちなみに、同期のスバルの実績はこうだ(項目が違うので参考程度に)。
世界生産:98万9000台
売上高:3兆3100億円
営業利益:2600億円

 である。
 自動車メーカーの売上高には、自動車販売以外にも特許収入やサービス、不動産収入などもあるだろうから非常に大雑把にしかいえない。が、販売台数に対する売上でスバルに水をあけられているのは事実。また、マツダの営業利益率は自動車メーカーのなかでも低いのも事実だ。
 これを上げていくには、商品を高価格帯へ移行させる、販売台数を増やすという方法が考えられる。両方を組み合わせるのが一般的だろう。

 発表になった中期経営方針で2025年3月期指標が発表されている。

売上:約4兆5000億円
販売台数:約180万台

 とある。
156万台/3兆5647億円
から
180万台/4兆5000億円


 ということである。これを乱暴に純粋に1台あたりの売上で比較すると
2019年3月期:1台=約228.5万円
2025年3月期:1台=約250万円

 で、クルマ1台あたり約9.4%の価格アップということになる。現行ラインアップの車両価格を9.4%上げたうえで、プラス24万台さらに売らなければ達成できない目標だ。これは非常に難しい。なぜなら、低価格なAセグ、Bセグ、一般的なCセグメントでは、コスト競争力に優れた中国などの新興国メーカーの存在感が増していくからだ。

 ではマツダはどうするか?
 その答えが「Largeアーキテクチャー」の投入だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る