MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > フォルクスワーゲン > ゴルフGTI > ルノー・メガーヌGTをフォルクスワーゲン・ゴルフGTIと徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉
  • 2019/05/31
  • MotorFan編集部

ルノー・メガーヌGTをフォルクスワーゲン・ゴルフGTIと徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
1000万円を超えるようなスーパースポーツは、確かに速い。とてつもなく速い。だが、際限なく速さだけを追い求めるよりも難しいことを、この2台は涼しい顔してやってのける。世界最量販カテゴリーをベースにし、快適性や経済性も最高レベルのものが求められ、そこに速さや官能性をも付加する。メガーヌGTとゴルフGTIの戦いは、スーパースポーツを超えた世界最高のショーである。ここでは、この2台のディテールをつぶさにチェックし、購入を検討しているみなさんの比較検討の一助としたい。

ルノー・メガーヌGT

全幅:1815mm ミラーtoミラー:2060mm
全高:1435mm 車両重量:1430kg

全長:4395mm

インパネ

7インチの多機能タッチスクリーンなど、最新のヒューマンインターフェースを採用したことで、インテリアもぐっと先進的な印象に。2ゾーンオートエアコンは全車に標準装備され、ナビゲーションはスマホとのミラーリングでアプリを活用することができる。

シート


アルカンタラ仕様のスポーツシートを標準装備。ステッチやアンビエントライトなど、室内全体にスポーティな演出が張り巡らされている。実測した後席ニースペースは約130㎜、ヘッドスペースは約50㎜とゆったり。

タイヤ&ホイール

“MAGNY-COURS”と呼ばれる18インチアルミホイールを標準装備。装着タイヤはコンチネンタルのコンチスポーツコンタクト5。

エンジン

型式上はルーテシアR.S.と同じM5M型の1.6ℓ直4ターボを搭載。細部をバージョンアップさせた「ジェネレーション2」へと進化しており、最高出力は205㎰、最大トルクは28.6㎏mを発揮する。

ラゲッジスペース


実測した通常時のフロア奥行きは約790㎜、最小幅は約1020㎜、高さは約750㎜となっている。6対4分割可倒式の後席シートを格納すると、最大奥行きは約1530㎜まで確保可能。床下にも収納スペースを装備している。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る