MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. トゥインゴ

ルノー・トゥインゴをフォルクスワーゲンup!、フィアット・パンダ、フィアット500と徹底比較!〈コクピット/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉

  • 2019/09/07
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月22日、三代目トゥインゴがマイナーチェンジを受けた。そこでMotor-Fan.jpでは、この三代目トゥインゴの魅力を再検証すべく、前期型デビュー時のフランス本国取材や国内徹底取材を振り返る企画を数回に渡ってお送りする。第八回目の今回は、欧州にひしめく強力なライバルたちとスペックやユーティリティを写真と数値で横比較してみたい。

※本稿は2016年7月発売の「ルノー・トゥインゴのすべて」に掲載されたものを転載したものです。車両の仕様が現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

目次開く

ルノー・トゥインゴ

フォルクスワーゲン up!

フィアット・パンダ

フィアット500

ルノー・トゥインゴ

全長:3620mm
全幅:1650mm
全高:1545 mm

内装色はボディカラーに応じてブルー、レッド、ホワイトの3色が用意され、ポップで愛らしい雰囲気を演出。レザーステアリングやオートエアコンが標準装備され、上質感と実用性を兼ね備える。

0.9ℓの直3ターボエンジンをリヤに搭載。変速時に息継ぎ感のない6速DCTと組み合わせられるところも他車と大きく違うポイント。
平成27年度燃費基準+5%、平成17年排ガス基準75%低減をそれぞれ達成している。

15インチアルミホイールを標準装備。タイヤはミシュラン・エナジーセーバーで、前後で幅と偏平率が異なる。

ヘッドレスト一体型のカラフルなファブリックシートを採用。後席の膝前スペースは約80㎜ほどで、頭上には手の平一枚分のゆとりがある。ものすごく広いわけではないが、不満も出ないレベルといえるだろう。

リヤエンジンのため床の位置が高いのが特徴。フロアの幅と奥行きはともにライバル勢より広く、最大時のフロアもフラットで使いやすい。

フォルクスワーゲン up!

全長:3545mm
全幅:1650mm
全高:1495 mm

デザインはシンプルだが、「high up!」の場合でボディカラーに応じた4通りのカラーバリエーションが用意され、遊び心も利いている。エアコンは全車マニュアル。写真のナビは販売店オプションだ。

1.0ℓの直列3気筒エンジンを搭載し、5速のロボタイズドMTと組み合わせられる。JC08モード燃費は25.9㎞/ℓと優秀。
新しい平成32年度燃費基準もクリア。平成17年排ガス基準も75%低減を達成している。

「high up!」は15インチアルミホイールを装備し、コンチプレミアムコンタクト2を履く。「moveup!」は14インチスチールが標準。

ヘッドレスト一体型のファブリックシートを備え、「high up!」には前席シートヒーターも備わる。後席ニースペースは約60㎜でトゥインゴよりも狭い一方、頭上スペースは拳1個分あり、意外とルーミー。

各部寸法はトゥインゴより少し狭い。だが、フロアを上下二段に分けたり、深底にしたり、用途によって使い分けられる可動式デッキボードは便利だ。

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ