MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. アルト

〈スズキ・アルト〉原点回帰なのに、むしろ新鮮でスタイリッシュ!【ひと目でわかる最新軽自動車の魅力】

  • 2019/10/29
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:X(FF)

・月間販売台数 4048台(19年1月〜6月平均値)
・現行型発表 14年12月(一部改良 18年12月)
・JC08モード燃費 37.0 ㎞/ℓ ※「X」「S」「L」のFF車

REPORT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)
PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)
MODEL●森脇亜紗紀(MORIWAKI Asaki)

※本記事は2019年9月発売の「2019-2020年 軽自動車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

ドアミラーやドアハンドルの色がグレードの識別点になっており、上級グレードはボディ同色を採用。最上級グレードの「X」はLEDサイドターンランプ付きドアミラーのほか、15インチアルミホイールも標準装備する。

■X
全長×全幅×全高(㎜) 3395×1475×1500
室内長×室内幅×室内高(㎜) 2040×1255×1215
ホイールベース(㎜) 2460
トレッド(㎜) 前/後 1295/1300
車両重量(㎏) 650
エンジン種類 直列3気筒DOHC
総排気量(㏄) 658
最高出力(kW[㎰]/rpm) 38[52]/6500
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 63[6.4]/4000
燃料タンク容量(ℓ) 27(レギュラー)
トランスミッション形式 CVT
駆動方式 FF
タイヤ・サイズ 165/55R15
最小回転半径(m) 4.6
JC08モード燃費(㎞/ℓ) 37. 0
車両本体価格 117万1800円

居住性

【後席】シート高 620㎜
【前席】助手席シート高 600㎜

ヘッドレスト一体型のシンプルなファブリックシートを装備。「アルトワークス」の場合はレカロ製のスポーツシートが標準装備される。後席は膝前のクリアランスが約270㎜と意外に広い一方、頭上は約30㎜と最小限のゆとりしかない。

インパネ

シンプルなデザインを採用。「X」の場合はフルオートエアコンやチルトステアリングなどの上級装備も備わる。エアコンに蓄冷剤を内蔵したエコクールは「F」を除くグレードに標準装備。写真のナビは販売店オプションだ。

ラゲッジルーム

【通常時】奥行き 420㎜
【後席格納時】高さ 780㎜ 幅 900㎜ 奥行き 1340㎜

後席使用時でも奥行きはまずまず広く、日常的な用途であれば十分に対応できるはず。後席はシンプルな一体可倒式で、背もたれをパタンと前倒しすれば荷室スペースを拡大することができる。床下には傘や小物を収納できるラゲッジアンダーボックスを備えるなど、実用性は高い。

うれしい装備

「アルトワークス」を除いて、助手席のシートバックにショッピングフックを標準装備。自立させられない買い物袋などを引っ掛けるのに便利。
販売店オプションとして設定されている7インチワイドナビは細かな設定にも対応。渋滞を考慮したルート案内やドラレコ連動機能も備わる。
デュアルセンサーの採用により、衝突被害軽減ブレーキには歩行者検知機能も装備。左上にあるのは販売店オプションのドライブレコーダー。

先進安全装備

単眼カメラとレーザーレーダーのデュアルセンサーを採用したスズキセーフティサポートを採用。衝突被害軽減ブレーキのほか、後退時ブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報など複数の安全機能を備える。

撮影車両データ

ボディカラー:ピュアレッド
オプション装備:スタンダードプラス7インチワイドナビセット〈パナソニック〉(15万6762円)/ディスチャージヘッドランプ装着車(5万4000円)/フロアマット(1万6902円)/ETC(2万1816円)/ドライブレコーダー(3万7260円)/他

ボディカラー

※は2万1600円高。 ☆は「アルト ワークス」を除く。 ★は「アルト ワークス」「X」専用色。 ▲は「S」「L」「F」専用色。 □は「アルト ワークス」専用色。

バイヤーズガイド

「軽さ」が「速さ」に直結した「アルトワークス」は別格として、軽自動車本来のシンプルさが魅力であるのが現行型。そんなアルトならではの特徴を最も色濃く味わえるのは、最もベーシックな「F」と言えそうだ。

自然吸気のアルトは4グレードが設定され、「F」のみ5速MTと5速AGSをラインナップ。その他はCVTが備わる。ターボエンジンを搭載する「アルトワークス」も設定され、5速MTと5速AGSをラインナップ。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.119 2019-2020年 軽自動車のすべて

新型30車種詳密レポート!

新型デイズ/eKシリーズの実力をチェック

運転支援機能「プロパイロット」搭載などで話題の新型デイズ/eKシリーズをチェック。高速道路〜ワインディングを走った試乗インプレッションから見てきた実力を解説。走りの性能からインテリアまで幅広く掘り下げる。エンジンパワーやハンドリングなどの運動性能の解説のほか、室内の居住性、便利な収納など気になる部分も徹底解説。

注目装備テンコ盛り! 新型タント

すべてを刷新して登場した新型タントの走りはどうなのか?室内の使い勝手は?スーパーハイトクラスのライバルたちと比較して解説。

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ