MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. CLAクラス シューティングブレーク

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

このエントリーをはてなブックマークに追加

狩猟用にカーゴスペースを追加されたスポーツカー……それがシューティングブレークの由来である。とびきりスタイリッシュなのに、ユーティリティにも優れる。CLAシューティングブレークは、まさに語源どおりのキャラクターを持っている。

TEXT●木原寛明(KIHARA Hiroaki)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

※本稿は2020年3月発売の「メルセデス・ベンツAクラス/Bクラス/CLAのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

 MFAプラットフォームをはじめとする3代目Aクラスのメカニズムを活用し、メルセデスがCLSクラスで世界的人気に火をつけた4ドア・クーペをコンパクトなセグメントで再現したCLAクラス。クーペ風ワゴンのシューティングブレークも用意され、一躍人気モデルとなった。

 2019年1月、アメリカ・ラスベガスで2代目クーペが待望のデビューを果たす。シューティングブレークが公開されたのは、3月のジュネーブ・ショー。4代目Aクラスが採用したMFA2プラットフォームがベースで、日本市場では、8月に2タイプが同時発表された。

 MFA2ファミリーの中にあって、CLAクラスの立ち位置は、A/Bクラスよりプレミアム色の強いものだ。シャシーは、FF車でもリヤサスペンションをマルチリンクとし、先代より前63㎜/後55㎜拡大されたトレッドや強化版スタビライザーを備え、同じプラットフォームを用いる全モデル中で最もスポーティなドライビング特性を得たと謳う。

 バリエーションの展開にも、その性格づけは表れている。当初は、ディーゼルのCLA200dとガソリンのCLA250 4マチックという、上位機種にあたる2.0ℓターボのみを設定。続いて11月にAMGモデルを発表するが、それは最強バージョンのCLA45S 4マチック+だった。

 1.3ℓターボを積むベーシックなCLA180と、AMGモデルの普及版であるCLA35 4マチックは、20年2月に追加設定されたが、上位グレードからの順次投入は実用志向のモデルと一線を画する展開だ。

 シューティングブレークという呼称も、実用ワゴンとの差別化を意図している。とはいえ、先代では341〜1157ℓだった荷室容量は、505〜1370ℓへ大幅に拡大。また、サイドウインドウ形状ほどにはルーフが後ろ下がりではないので、後席ヘッドルームは先代比+35㎜の955㎜で、これはAクラスより5㎜少ないだけに過ぎない。ステーョンワゴンとしての使い勝手も確保しているのだ。

全長:4690㎜ ホイールベース:2730㎜ ※撮影車はCLA 45S 4MATIC+ Shooting Brake
全幅:1855㎜
全高:1415㎜ 

COCKPIT

運転席周りの構成は、当然と言うべきかAクラスと基本的に同一だが、ジェットタービンを思わせる送風口などはプレミアムなクーペにもふさわしい質感を湛えている。前席の居住性には、Aクラスとの目立った差は見つけられない。

SEAT

後席は最大幅がAクラス+10㎜の1455㎜。天井まではクーペ910㎜、シューティングブレーク955㎜。Aセダン比35㎜減/10㎜増だが、Aハッチの960㎜には及ばない。
前席は1025㎜のヘッドルームも、1400~1455㎜の室内幅も、クーペとシューティングブレークで共通。さらに、Aクラスともまったくの同数値だ。

LUGGAGE SPACE

荷室最小幅:1020㎜ 荷室奥行き:1020㎜
荷室最大奥行き:1820㎜

ラゲッジルーム容量はクーペの460ℓに対し、シューティングブレークは5人乗車時が505ℓで、最大時が1370ℓ。後席の背もたれは40:20:40の3分割可倒式で、スタイリッシュながらワゴンとしての使い勝手に多くのカスタマーが不満を感じないだろう。

ENGINE

直列4気筒ターボのラインナップもAクラス同様。ただし、上位の2.0ℓユニットを先行導入し、ガソリンのみならずディーゼルも当初から設定。AMGモデルも、最大過給圧2.1barで421㎰を発生する最強の2.0ℓ直4を積む45Sと、306㎰の35が投入されている。

WHEEL&TIRE

AMGモデルのホイールはAクラスと同じく、35が18インチ、45が19インチ。一方、スタンダードなモデルは全車とも18インチを装着する。

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツAクラスのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

SUVであるGLAやGLBを含めれば、いまや7種のボディ形態を擁するまで拡大したMFAファミリー。わかりやすく言えばFFをベースとし...

あわせて読みたい

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツAクラス セダンのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

ハッチバックと基本コンポーネントを共有しつつも、正統派セダンとして仕立てられているAクラスセダン。もはやプレミアムセダ...

あわせて読みたい

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツBクラスのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

Aクラスをベースに、モノスペース的なボディとともに高いユーティリティ性能が与えられたBクラス。初代Aクラスに近いコンセプ...

あわせて読みたい

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツCLAのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

同じMFAプラットフォームを採用し、4ドアボディを持ちながら、Aクラスセダンとは見事にフォルムもキャラクターも変えてきたCL...

あわせて読みたい

モーターファン別冊・インポートシリーズ vol.72 メルセデス・ベンツAクラス/Bクラス/CLAのすべて

小さな巨人
コンパクトでFFだからこそ際立つメルセデスの本気度
MECHANISM
MFAプラットフォーム
そして先進のガソリン&ディーゼル

SAFTY
圧倒的な受動的安全性
メルセデスの神髄ここにあり

LIFESTYLE
都会でもアウトドアでも映える
これが僕たちのメルセデス

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ