Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ヤリスクロス

トヨタ新型ヤリスクロスは電子式パーキングブレーキ、リヤディスクブレーキ、ヒルディセントコントロールなど装備充実 トヨタ新型ヤリスクロスとヤリスを比べて判明!違うのはデザインとサイズだけじゃなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤリスのSUV版...という一言では片付けられないほど、ヤリスクロスは独自の装備が満載されていた

4月23日に世界初公開されたトヨタ・ヤリスクロス。日本発売は2020年秋予定ということで、限られた情報をもとに兄弟車であるヤリスと見比べてみると、想像以上に両車には相違点が多いことが判明した!

ヤリスクロスはヤリスより全長を240mm拡大

 ヤリスクロスはヤリスと同様、TNGAのGA-Bプラットフォームを採用する。両車のボディサイズを比較してみよう。

ヤリスクロス

全長×全幅×全高:4180mm×1765mm×1560mm ホイールベース:2560mm ※比較しやすくするため、オフィシャル画像を左右を反転して使用

ヤリス

全長×全幅×全高:3940mm×1695mm×1500[1515]mm ホイールベース:2550mm ※諸元はハイブリッド車。[ ]は4WD仕様

 ヤリスクロスはヤリスに対して、全長は240mmほど長くなっている。延長分の内訳は、フロントオーバーハングに60mm、リヤオーバーハングに180mmだ。ホイールベースは10mmほどヤリスクロスの方が長いが、欧州のプレスリリースでは「ホイールベースはヤリスと同じ」ということなので、測定方法の違いだろうか。

 また、ヤリスクロスの全幅は70mm拡大され、日本では3ナンバーサイズとなる。ただ、ワイドフェンダーを採用している欧州仕様のヤリスの全幅は1745mmだから、それと比べると全幅の差は20mmだ。

ヤリスクロスの全幅は1765mmとなる
ヤリス(日本仕様)の全幅は1695mmと5ナンバーサイズを死守

「ロバスト(頑丈さ)」を表現したというヤリスクロスのエクステリアデザインは、アンダー部分とフェンダー周囲を樹脂製のクラッディングパーツで覆うなど、SUVの王道に沿ったもので奇抜さは感じられない。キャビンを小さく見せスポーティさを前面に押し出したヤリスとは対照的な佇まいだ。

ヤリスクロスの全高は1560mm。機械式立体駐車場の利用時に制約が出るかも
ヤリスは全高が1500mm程度(駆動方式により異なる)に抑えられている

 全高は1560mmまで高められたが、できればあと10mm背を低くしてくれるとうれしいユーザーは多いのではないだろうか。というのも、日本では1550mmを境にして利用がNGとなる機械式駐車場が多いためだ。輸入車ではアンテナの形状を変更して日本仕様だけ1550mmの全高に抑えたクルマもあるが、ヤリスクロスの全高はアンテナを除いた数字とのことなので、やるとしたらサスペンションで調整するしかないかも? なお、地上高はヤリスよりも30mmアップとなっている。

ヤリスクロスは、アンダー部からフェンダー周りまでを樹脂パーツで取り囲む
ヤリスのリヤビューはギュッと絞り込まれたリヤキャビン周りが特徴的

 あえて外見で共通性を探すとすれば、左右のランプをブラックのガーニッシュでつないだリヤビューだろうか。ただし、ランプの光り方はまったく異なる。ヤリスクロスはライン発光するブレーキランプが横一直線に伸びるのが特徴だ。

 ついでに言えば、ヘッドランプも両車では違いがあるようで、3眼LEDヘッドランプ(ロービーム×2、ハイビーム×1)のヤリスに対して、ヤリスクロスは2眼(ロービーム×1、ハイビーム×1)になっているように見える。

ヤリスクロスのヘッドライト。クリアランスライトが上につく。目元の印象はヤリスとだいぶ異なる
ヤリスの場合、クリアランスライトは下に配置される

ヤリスクロスのホイールは18インチか!?

 そのほか、外見をチェックしていて気づいたのは、ヤリスクロスのホイールが5穴になっていること。ヤリスは4穴である。ヤリスクロスの車両重量は未公表だが、ヤリスよりも重いのは間違いない。その車両重量と大径ホイールに対応するための変更だろうか。

ヤリスクロスのホイール。おそらく18インチと思われる。5穴仕様だ。
ヤリスの16インチホイール(メーカーオプション)

 タイヤサイズはどうやら215/50R18のようだ(暗くて不鮮明な画像を拡大して確認したので、間違っているかも...)。ちなみにヤリスは標準が最大で15インチ、メーカーオプションで16インチを履く。

1.5ℓ直3+CVTを1.5ℓ直3ハイブリッドを用意。どちらも4WDを選択可能

 ヤリスクロスのパワートレーンはヤリスと共通で、直列3気筒1.5ℓ+CVTと直列3気筒1.5ℓ+THSIIの2種類が用意される。駆動方式は、どちらもFFと4WDが選択可能だ。
なお、ヤリスは直列3気筒1.0ℓ+CVTもラインナップしている点がヤリスクロスとは異なる。

ヤリスクロスのパワートレーン(ハイブリッド)を表したCG

おすすめのバックナンバー

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ