Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. フォレスター

【連載】クルマに乗って「オイシイモノ」を食べに行こう!⑩スバル フォレスター スバル フォレスター「大きいSUVはアリか!?」都内ドライブでその性能を体感。アナログ派・ヒトシ君×助手75の言いたい放題本音インプレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル フォレスター アドバンス/車両本体価格:313万2000円(試乗車はオプション装着車)

アナログ派自動車評論家・瀬在仁志(ヒトシ君)が助手の75(ナコ)とともに、話題のクルマに乗ってオイシイモノを食べに行くという食いしん坊企画。少々間があきましたが、やっとのことで第10弾。道中、感じたことや気がついたことを言いたい放題しつつ、最終的にはオイシイモノにありつくというユルッユルな企画。今回は、その大きさに一瞬ひるむスバル フォレスターをチョイス。大きいSUVって、運転しづらいんじゃないの? に迫ります。

講師:瀬在仁志(Hitoshi SEZAI)
助手:生江凪子(Naco NAMAE)

今回のお題は、最上級グレードe-BOXER!

アナログ派自動車評論家のヒトシ君と助手の75のかけ合い漫才も10回目。今回は第2回目で取り上げたレヴォーグ以来、スバル フォレスターの登場である。スタート地点は東新宿の編集部。7月にさしかかり非常事態宣言が解けたとはいえ、県境をまたいでの移動はちょっと憚られるドライブとなった。

スバル・レヴォーグ「モデル末期の現行型、買いか? 待ちか?」アナログ派・ヒトシ君×助手75の言いたい放題本音インプレ

アナログ派自動車評論家・瀬在仁志(ヒトシ君)が助手の75(ナコ)とともに、話題のクルマに乗ってオイシイモノを食べに行...

あわせて読みたい


ヒトシ君:あのさ、いつもアナログ派と言われているオレだけど、おととい新しいスマホを買ったんだよね、Xperia5。カメラの性能がすごいのよ。今日はオレも、コレで写真を撮るよ。
助手75:使いこなせるのぉ~? じゃあ、ケータイカメラ部に入れてあげるよ。ワタシのiPhone11Proの3眼カメラと対決ね!
ヒトシ君:そんな部があるの? いいねぇ。
助手75:部員、ワタシだけだけど。

と、妙な盛り上がりを見せるふたり。

PH担当:そういう企画じゃないんだけどなぁ(小声)。

ドライバーモニタリングシステムは「必要」?


ヒトシ君:さ、今日はスバル フォレスターだね。どうしてフォレスターにしたの?
助手75:前にフォレスターに試乗、あ、例によってほぼ同乗ともいいますが、そのときに好印象だったのよ。BOXERだっけ? 2.5ℓ水平対向エンジンモデルだったんだけど、最上級グレードにe-BOXERっていうのがあるって聞いたから、今回はそれ。「e-BOXER」って、なんだか音がカッコいいじゃない?
ヒトシ君:……うん、それはよくわからないけど相変わらずカッコから入るのね。じゃあ、e-BOXERの説明からしようか?
助手75:いえ! まずは「ドライバーモニタリングシステム」で登録をっ。これ、e-BOXER搭載のAdvance(アドバンス)だけについている機能なの。どうやって設定するのかな。えーっと……。

と言っておもむろに説明書を読み始める助手75。借りる前にチェックしておかないのは、毎度のこと。

登録はステアリングスイッチで簡単に行なうことができる。フォレスターのスイッチは、下記リンクから

そのスイッチ、なんのスイッチか知っていますか? 新型スバル フォレスター編

機能性が充実してくれば、それを操作するスイッチ類の数が増えるのは当たり前。だが、そのスイッチがなにかを理解していなけ...

あわせて読みたい
ドライバーモニタリングシステムの設定から。ステアリングの▲▼そしてSETスイッチを使って設定をしていく
クルマとの距離を縮める第一歩!
ルームミラー以外のすべてを合わせたら、いざ設定でSET!
顔を音がなるまで正面に向けたら、設定完了。設定にかかる時間は5分ほど


助手75:まずは、ヒトシ君ね。ちゃんとドライビングポジションを決めてください。はい、決めたわね。サイドミラーの角度も合わせてね。そしたら、これをこうして……、はいこれで登録できたわ。名前はどうする?
ヒトシ君:「運転手1」でいいよ。
助手75:相変わらずツマらないわね。さ、どいてどいて、次はワタシ。名前はちゃんと「Naco」って入れてっと。はい。これで出発しましょう。よし、ヒトシ君、運転してっ!

ヒトシ君が運転席に座ると、シートポジションとサイドミラーの位置が自動的に調整された。

ヒトシ君:ほ、ほぅ。なるほどね。家族4人とかで共用するクルマなら便利かも。で、今日はどこへ行く? こんな状況だからね、越境しちゃいけないんだよ。
助手75:ということで、今日は「都内」です。奥多摩の檜原村へ行きましょう。蛇の湯温泉。秘湯ですよ、秘湯。ワタシ、お風呂セット持ってきちゃった!
ヒトシ君:混浴?
助手75:なわけないでしょ。さ、いきますよ。

ふたり(プラスPH担当)を乗せたフォレスター・アドバンスは、首都高速4号線から中央高速道路へ


助手75:フォレスターは、世界でもっとも売れているスバル車なんですよ。ご存じだと思いますが。
ヒトシ君:もちろん知ってるよ。スバルのメイン市場であるアメリカで一番売れているスバル車が、このフォレスター。アメリカ人好みになってるよね。よくいえばおおらか、悪く言えばちょっと緩い感じ? でもさ、アメリカにもe-BOXERモデルってあるんだっけ?
助手75:アメリカは2.5ℓのみ。e-BOXERはありません。で、そもそもe-BOXERってなによ?

説明のために、ヒトシ君がマルチファンクションディスプレイを切り替えてエネルギーモニターを表示する。

e-BOXERはマイルド寄り

はい、これを見て。いまはさ、エンジンだけで駆動してるね。わかる?(ヒトシ君)
ここでアクセルをオフにすると、ホラ、バッテリーへ回生充電しているでしょ(ヒトシ君)
で、アクセルをそっと踏むと、エンジンとモーターが駆動するモードになるわけ(ヒトシ君)


助手75:ふむ。つまり、ハイブリッドってわけね。
ヒトシ君:ハイブリッドといっても、モーターの出力が13.6ps(10kW)だから、「マイルドハイブリッド」と言っていいね。
助手75:つまり燃費がいー(e)ボクサーってことね。あまりご飯食べなくても12ラウンド闘えるような。
ヒトシ君:面倒くさいから突っ込まないで話を進めるけどさ、ところがそうでもないんだよ。燃費でいうと

2.5ℓモデル(Premium)
WTLCモード燃費:13.2km/ℓ
 市街地モード9.6km/ℓ
 郊外モード14.6km/ℓ
 高速道路モード16.4km/ℓ

e-BOXERのアドバンス、つまり、このモデルは、
WTLCモード燃費:14.0km/ℓ
 市街地モード11.2km/ℓ
 郊外モード14.2km/ℓ
 高速道路モード16.0km/ℓ

で、燃費の差は大したことないの。郊外モードや高速道路モードでは2.5ℓのほうがいいんだよ。

助手75:じゃあ、なんのためのe-BOXERなのよ!
ヒトシ君:それはね……で、高速道路、どこで降りるの? 山梨県に行ったらいけないんだよ。
助手75:ああああ、上野原ICで降りてください。
ヒトシ君:はい。で、檜原街道を進めばいいのね。

フォレスターは、片道1車線の檜原街道を進んでいく


助手75:気持ちいいわね。緑が美しい。雨の予報だったけど、晴れ女のワタシのおかげで晴れているし。このあたりは、東京とは思えないほど自然が豊かだわ~。
ヒトシ君:そうだね。いまはもうなかなか来ないけど、奥多摩いいね。若い頃は、腕を磨くために走りにきたものよ……。ふぅ。
助手75:遠い目をしない! さ、もう少しで蛇の湯温泉よ。
ヒトシ君:あ、あれだ。
助手75:いいねぇいいねぇ! さぁ、行くわよ! レッツ朝風呂!

茅葺き屋根の美しい、東京都唯一の「日本秘湯を守る会」会員である蛇の湯温泉。期待に胸が膨らむ……が
喜び勇んで降りていこうとするふたりに「待った!」が。「温泉に入ったらこの後絶対運転しないだろ! ココは最後!」とお目付役でもあるPH担当におあづけを喰らい少々不満げなふたり
ここまで来たのに、温泉にストップがかかりブーブー「じゃあ、オナカスイタ」。じゃあ、ってなんだ……しかも食事かい。相変わらずのぼけぼけハーモニー(某メーカーの広報のかたに命名いただきました)を奏でるコンビである


ヒトシ君:じゃあ、ご飯はどこで食べる? とりあえず、進むけど。
助手75:フフフ。ちゃんと考えてあるわよ。今日は日本蕎麦。この少し先にあるみたいなの。どんどん進んで。

フォレスターは、奥多摩周遊道路のワインディングを気持ちよく走っていく

e-BOXERはターボモデル代わりの位置づけ


ヒトシ君:なんのためのe-BOXERなのか。
助手75:??? なに? あぁ、さっきの続きね。はいはい。
ヒトシ君:先代フォレスターには、ターボエンジン搭載モデルがあったんだ。FA20型2.0ℓBOXERターボで280ps/350Nmという高出力モデルだったんだよ。いまでこそ、ハイパワーのSUVは珍しくなくなったけど、当時は280psエンジンを積んで走りを追求したSUVなんてなかったんだよ。
助手75:ふむふむ。で、このe-BOXERはどれほどの出力なんじゃ?


ヒトシ君:エンジンが2.0ℓ(FB20)で145ps/188Nm。モーターが13.6ps/65Nm。
助手75:エンジンとモーターを足しても280ps/350Nmにならんじゃんかっ!!!!!
ヒトシ君:なぜ、アナタが怒る? そうなんだよ。でも、スバルはe-BOXERをターボモデルの代わりに位置づけたんだよね。で、e-BOXERの「e」、つまりモーターを「電動ターボ」みたいに使うっていうんだ。
助手75:でも、ターボっぽくはないわね。ターボと言えば、「ドッカーン」ってパワーが湧き出すんじゃないと。
ヒトシ君:でたな! 昭和オンナ! それはアナタが青春を過ごした昭和時代のターボでしょ。まぁでも、もうちょっとパワーがないとターボモデルみたいな走りにはならないよね。モーターだからターボラグがないのはいいけど。でもさ、こうやって中速コーナーが続くこういうコースだと、モーターがアシストしてくれるのは悪くない。気持ちいいよ。ターボのフォレスターを知っている身からすればモノ足りないけど、これはこれでアリだと思う。

お昼にありつく前に奥多摩周遊道路の月夜見第一駐車場にフォレスターを駐める。眼下には奥多摩湖が見える。

一応、プロのジャーナリストと編集なハズなのですが、携帯を構える姿はなんともプロっぽくない……


ヒトシ君:よし、じゃあXperia5とiPhone11Proの写真対決しようぜ。どれどれ。あれ? え~っと、75、これ、どうやって使うの?
助手75:……Xperia(Android)の操作なんて、もうすっかり忘れちゃったよ。

といいながらも、ヒトシ君に教えるくらいの知識は持っているようで、こうして、ああして、とふたりで手をあっちこっちに伸ばしながら撮影をしている。もはやなんでもアリな「オイシイモノドライブ」企画……。

パチパチパチパチと撮影が終わったら、リヤゲートを開けてラゲッジルームに座り込み、画面を見ながら考察する。ついでなのでPH担当のiPhone11(いつも助手75が「なんでproじゃないのぉ」と冷やかす二眼)も加えて3台で比較。したり顔で構図がどうだこうだと話しているが、ここまで進化するとどの携帯も質に大した差はなく、ウデの問題は比較するまでもない、どんぐりの背比べだ。まぁ楽しそうだからヨシとしよう

スバル・フォレスター Advance 「e-BOXERはターボ代わりにはならないけれど、スペックだけでは語れないパフォーマンスがある」

スバルのマイルドハイブリッドユニットは、水平対向エンジンに13.6ps/65Nmのモーターを組み合わせたe-BOXERだ。フォレスター...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ