GT3レーシングカーをイメージした「ベントレー コンチネンタルGT S」

「レアすぎる限定ベントレー」バサースト12時間優勝車をオマージュした「コンチネンタルGT S」は限定2台

「バサースト12時間」を制したコンチネンタル GT3をオマージュした、「コンチネンタル GT S」のエクステリア。
ベントレーシドニーは、過酷な12時間レース「バサースト12時間」を制したコンチネンタル GT3をオマージュした、「コンチネンタル GT S」を作り上げた。
ベントレーのビスポーク部門マリナーと、ベントレーシドニーは、2020年に「バサースト12時間レース」を制したベントレー コンチネンタル GT3からインスピレーションを受け、2台のスペシャルモデルを製作した。この特別なコンチネンタルGT Sは、先日オーストラリアにおいて初公開されている。

Bentley Continental GT S “BATHURST 12 HOUR”

予選11番手から優勝したコンチネンタル GT3

「バサースト12時間」を制したコンチネンタル GT3をオマージュした、「コンチネンタル GT S」のエクステリア。
2020年の「バサースト12時間レース」で予選11番手から素晴らしい追い上げで優勝したコンチネンタル GT3 7号車をイメージし、ベントレーシドニーが製作した2台のスペシャルモデル。

2020年、ベントレー コンチネンタル GT3が、オーストラリアのマウントパノラマ・サーキットで開催された「バサースト12時間レース」で総合優勝を果たした。マキシム・スール、ジョーダン・ペッパー、ジュール・グーノンがドライブした「7」号車のコンチネンタルGT3は予選11番手からスタートし、素晴らしい追い上げで勝利を手にしている。

ベントレーシドニーはこの優勝車両をオマージュし、2台のスペシャルモデルをマリナーと共同で製作。ドライビング性能とビジュアルの存在感を重視した「コンチネンタルGT S」は、ベントレー GT3と多くのキャラクターを共有しているため、スペシャルモデルのベースに最適だったと、ベントレーシドニーは説明する。

GT3マシンをイメージした内外装

「バサースト12時間」を制したコンチネンタル GT3をオマージュした、「コンチネンタル GT S」の専用インテリア。
カーナンバー「7」と優勝ドライバーの名前が入れられた専用プレートなど、内外装にはバサースト12時間を制した7号車をイメージした専用装備が数多く採用された。

2台の車両は、それぞれ異なる仕様で仕上げられた。1号車は、優勝したレーシングカーのカラーリングからインスピレーションを得て、鮮やかなアップルグリーンのエクステリアに、ベルーガブラックのルーフ、ウイングミラー、ローアーバンパー、リヤトランクがコントラストが組み合わせられた。フロントセクションには、レーシングカーと同じようにグリルマトリックスにナンバー「7」が描かれている。

パフォーマンス重視のテーマを強調するため、エクステリアのブライトクロームメッキをポリッシュブラックに変更する「ブラックライン・スペシフィケーション」や、フロントスプリッター、サイドスカート、リヤディフューザーをカーボンファイバー製に変更する「スタイリング・スペシフィケーション」を採用した。

キャビンはラグジュアリーでありながら、パフォーマンスを感じられる仕様に仕上げられた。ベルーガ・レザーとダイナミカを使用し、アップルグリーンのパイピングとコントラストステッチをアクセントにチョイス。ヘッドレストには「BATHURST」のステッチが入り、トレッドプレートには「One of Two」の文字も刻まれている。

助手席側のカーボンファイバー製テクニカルフィニッシュのフェイシアには、マウントパノラマ・サーキットを表現したユニークなメタルオーバーレイを配置。センターコンソールには優勝したドライバーの名前とナンバー7が記されている。

優勝マシンの1/18スケールモデルも提供

「バサースト12時間」を制したコンチネンタル GT3をオマージュした、「コンチネンタル GT S」の専用インテリア。
2台のスペシャルモデルのオーナーには、2020年のバサースト12時間レース優勝車両の1/18スケールモデルもプレゼントされる。

2号車は、2017年末に発売され、2018年から参戦を開始した第2世代コンチネンタル GT3のデビュー時のイメージを反映し、シルバーテンペストでペイント。1号車と同様、エクステリアとビスポーク・キャビンにブラッククロームとカーボンファイバーの「スタイリング・スペシフィケーション」を採用している。

それぞれの車両には、記念フレーム入りオブジェと優勝車の1/18スケールモデルが提供される。今回、スペシャルモデルの製作に協力した、バサースト12時間のイベントディレクターを務めるシェーン・ルジスは次のようにコメントした。  

「ベントレーはバサースト12時間レースの象徴的存在であり、参加者の多くに愛されるチームとなりました。彼らはマウントパノラマ・サーキットに衝撃をもたらしたのです。2020年の優勝はレース史上最も人気のあるシーンであり、繰り返しリプレイされています」

「コンチネンタル GT3の参戦は人々の記憶に長く残る印象的なものでした。今回、スペシャルでユニークな2台のコンチネンタル GT Sの製作において、ベントレーの勝利をお祝いするお手伝いができたことを、心から誇りに思います」

ドライバーズカーかつグランドツアラーだけを造り続けてきた自動車メーカーこそベントレーである。

「禅」とか「書」とか「香」とか「茶」とか普段しないことをベントレーで旅しながら体験すると人はどう変わる?

ベントレーモーターズがアジアで初となるツーリングイベントを開催した。エクストラオーディナリー…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部