ブリヂストンが東北大学とともにデジタル人財育成プロジェクトを開始。3年間で延べ40名程度の高度デジタル人財の育成を予定

ブリヂストンと東北大学はこのほど、10月1日より東北大学内に産学連携拠点となる共創研究所「ブリヂストン×東北大学共創ラボ」を設置し、ブリヂストンのDX(デジタル・トランスフォーメーション)を支えるデジタル人財を育成するための共同プロジェクトを開始すると発表した。プロジェクトの期間は10月1日から2024年9月30日までの3年間で、延べ40名程度の高度デジタル人財の育成を予定している。

AIやアルゴリズムの企画開発を通じてソリューションビジネスや研究開発の中核を担う「AI/アルゴリズムエキスパート」と、ビジネスの現場で課題を抽出し、デジタル技術を用いたソリューションの提案につなげることができる「ソリューションフィールドエンジニア」を育成

東北大学は「研究第一」「門戸開放」「実学尊重」の理念のもと、世界をリードする研究成果を挙げ、日本を代表する総合研究大学として発展を遂げている。人工知能(AI)に代表されるように、社会のデジタル化が加速し、巨大で様々なデータが活用されて新たなイノベーションが生み出される時代において、AI・数理・データ科学(AIMD)を適用して社会課題解決や事業機会拡大に取り組める人財育成にも注力している。

一方、ブリヂストングループは「2050年 サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」をビジョンとして掲げ、中期事業計画(2021-2023)を実行している。そのなかで、これまでゴムという難しい素材を扱う現場で長年培った匠の技と膨大なデータ、すなわち強い「リアル」に「デジタル」を組み合わせて「より大きなデータで、より早く、より容易に、より正確に」、「断トツ商品」・「断トツソリューション」を開発・展開することで、新たな社会価値・顧客価値を提供する、ブリヂストン流のDXを推進している。

今回のプロジェクトは、ブリヂストン流のDXを担うデジタル人財として、AIやアルゴリズムの企画開発を通じてソリューションビジネスや研究開発の中核を担う「AI/アルゴリズムエキスパート」と、ビジネスの現場で課題を抽出し、デジタル技術を用いたソリューションの提案につなげることができる「ソリューションフィールドエンジニア」の育成を目的とするもの。東北大学における最先端のデータ科学をはじめ多様な研究教育で培われた指導力と、課題解決型学習ノウハウを駆使した実践的な独自のプログラム、そして参画する研究室との共同研究や交流を通じて、ブリヂストンの従業員を高度なスキルを持つより実践的なデジタル人財に育成する。

ブリヂストングループは、中長期事業戦略の実現と多様な個人の自己実現の両立を目指しており、今後も、多様な人財の成長・活躍を促進し、組織能力を最大化すべく、人事制度・組織の抜本的改革、人財採用・育成強化、キャリア自律・適所適財の実現など、ブリヂストン流のHRX(ヒューマンリソース・トランスフォーメーション)、「B-HRX」を推進していく。

国立大学法人 東北大学で理事・副学長(企画戦略総括担当、プロボスト、CDO)を務める青木孝文教授は次のようにコメントしている。
「東北大学は『産業のAIシフトを後押し』しています。国がAI戦略を推進するなか、本学が得意とする科学とデータに基づく文理融合の総合知を産業の競争力向上につなげるべく、あらゆる産業のDXを加速することが本学の重要な役割であると認識し、従来になかった産学連携に取り組んでいます。今回はグローバルに活躍するブリヂストンのDXに貢献できることを大変光栄に感じております。これを契機に、本学はさらなるスピード感とやりがいを持って産業の変革を支援し、新たな社会価値を生み出していく所存です」

そして、ブリヂストンCDO・デジタルIT基盤統括部門長の増永明氏は次のように述べている。
「ブリヂストングループでは、社会価値・顧客価値を創出し続けるサステナブルなソリューションカンパニーへと進化していくためにはバリューチェーン全体でのDXが急務と考え、これを支えるデジタル人財の育成を進めています。AIを社会に役立てることのできる人財の育成・輩出に取り組まれている東北大学との産学共創は、ブリヂストン流のDXを加速するうえでの大きな一歩になると大変嬉しく思います。最先端の教育の場で、東北大学の研究者や学生と当社従業員が、ビジネス最前線でのDXをテーマにともに取り組むことで、新たな社会価値・顧客価値の共創にもつながることを期待しています」

●東北大学 産学連携機構公式サイト

●ブリヂストン公式サイト「中長期事業戦略および中期事業計画(2021-2023)進捗」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン