マツダMX-30に手動運転装置の付いた「MX-30 SeDV」が登場! 足の不自由な方でもMX-30でのドライブが楽しめる

マツダは12月9日、MX-30に手動運転装置の付いた「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)」(以下MX-30 SeDV)の予約受注を開始した。手動運転装置の価格は取付費込みで52万8000円(消費税非課税)。発売は2022年1月以降の予定だ。なお、購入の際は公式サイトを通じて、専門知識を備えたスタッフがオンライン上にて相談や要望を伺い、顧客の身体に合わせた装備を提案していく。

手動運転装置は新車購入時であればMX-30の全機種に取り付けることが可能

MX-30 SeDVでは、運転システムに手動運転装置を搭載し、手動運転とペダルによる運転操作の選択が簡単に行え、足の不自由な方が運転したり、友人や家族と運転を交代しながらドライブを楽しめる。なお、この装置は新車購入時であれば、MX-30の全機種に取り付けることが可能だ。

マツダはMX-30 SeDVの開発にあたり、MX-30のコンセプト「わたしらしく生きる」をもとに、お客さまの夢を応援し、より豊かな人生を過ごしてもらうことを目指した。運転システムは、手で直感的に加減速を行う「アクセルリング」と、「レバーブレーキ」を採用。加速時は、運転しやすく素早く慣れることができるよう、操作意図に応じた滑らかな挙動の実現を目指した。減速時は、力を発揮しやすい軌道にレバーを配置するとともに、「ブレーキサポートボード」を支点に、肘から先での細かなブレーキ操作を実現。手での手動運転と、従来の足でのペダル運転操作の選択が簡単に行える。また、車いすを利用している方の運転席への乗り移りをスムーズにする「移乗ボード」が用意されている。

レバーブレーキを押し込み、ブレーキロックをかけた状態でイグニッションをONにすることで、アクセルリングによる手での操作が可能になる。アクセルペダルでの操作はできなくなり、誤って踏み込む危険を軽減できる。

ペダル操作による運転の場合、フットブレーキを踏んでイグニッションをONにすることで、アクセルペダルによる足での操作が可能になる。この場合はアクセルリングでの操作はできない。なお、レバーブレーキを押し込み、フットブレーキを踏んだ状態でイグニッションをONにした場合は、アクセルリングによる操作となる。

「アクセルリング(直感コントロール機能付き)」:押し込むと加速するリング式のアクセルを採用。アクセルリングの反力に段差を設け、加速する感覚をわかりやすくする機能を採用し、細やかな操作と定速を維持しやすくすることの両立を可能とした。両手でステアリングを保持できることでステアリングスイッチの操作もしやすく、また、長時間の運転時には上半身の負担も軽減できる。
「レバーブレーキ(押し込み式)」:肩を起点に力を発揮しやすい軌道にレバーを配置。シートスライドへの影響が少ない箇所に取り付けられている。チルト&テレスコピックステアリングと合わせて、適切な運転姿勢と視界視認性が確保できる。
「ブレーキサポートボード」:肘をサポートできるボードで、肘を支点に細かな操作のしやすさと安定したブレーキ操作を実現している。
「移乗ボード」:乗り移りの際の体や手を支える面積を確保しつつ、足入れのスペースも確保した形状を採用し、ワンアクションで折りたたみが可能。万が一の衝突時にも、サイドエアバッグの展開に影響が少ない配置を実現。

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン