【爆売れ!】新型エクストレイル、発売から約2週間で1万2000台の受注を突破!

日産自動車は8月8日、新型「エクストレイル」が7月25日の発売開始から約2週間で受注1万2213台を記録したと発表した。歴代エクストレイル史上最速、そしてe-POWER車としても発売から最短の日数で1万台を超える受注となった。

90%が4WD(e-4ORCE)を選択。一番人気のグレードは最上位の「G」で61%を占めた

日産自動車の新型「エクストレイル」が7月25日の発売開始から約2週間で受注1万2213台を記録した。歴代エクストレイル史上最速、そしてe-POWER車としても発売から最短の日数で1万台を超える受注となった。
新型エクストレイルは、進化した第2世代「e-POWER」と「VCターボ」、そして電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載したことで、まったく新しいSUVへと生まれ変わった。高速道路単一車線での運転支援技術「プロパイロット」や、駐車時にステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」など、充実した先進技術も加わり、これまでのエクストレイルファンのみならず、電動車に興味を持つ方々にも好評だ。

駆動別では90%が4WD(e-4ORCE)を、グレード別では61%が最上位のGを選択(Xは37%、Sは2%)。ボディカラーは、ブリリアントホワイトパールが1番の人気カラーで29%、次いでダイヤモンドブラック(21%)、2トーンではブリリアントホワイトパール/スーパーブラック(14%)が好評となっている。

オプションでは、73%がNissanConnectナビゲーションシステムを選択。また、半数以上が防水シートやルーフレールを選ぶなど、アウトドア向け装備も人気となっている。

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部