スバル「フォレスター」が大幅改良! 新世代アイサイトのほか新デザインのフロントマスクやアルミホイールを採用

8月19日、スバルはミッドサイズSUV「フォレスター」の大幅改良を実施した。税込車両価格は293万7000円〜330万円。

ステレオカメラの広角化やソフトウェアを改良した「新世代アイサイト」の搭載により、これまで以上に幅広いシーンで安全運転をサポート

2018年6月に発表された5代目フォレスターは、乗る人すべてが愉しく快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージング、SUVらしいたくましさや機能的で使いやすさが感じられるデザインを採用。スバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車である。

新型フォレスター アドバンス

今回の大幅改良では、スバルのデザインコンセプト「DYNAMIC×SOLID」をより進化させる「BOLDER」思想を取り入れたフロントフェイスや新デザインのアルミホイールを採用し、よりSUVらしい迫力のある仕様を実現した。

新型フォレスター ツーリング

エクステリアではこのほか、ロープホール付きルーフレールを全グレードに拡大展開したほか、ボディカラーは新色3色が追加され、全10色となった。

新型フォレスター X-ブレイク

走行性能では全グレードで足まわりを改良し、しなやかさとスポーティさを高い次元で両立。さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」が、e-BOXER搭載車全グレードに拡大展開された点も新しい。

安全性能では、「新世代アイサイト」を搭載。ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良により、これまで以上に幅広いシーンで安全運転をサポートする。

これらのほか、ドライバーモニタリングシステムに「ジャスチャーコントロール機能」が追加された点も新型の特色に挙げられる。

●スバル新型「フォレスター」モデルラインナップ
【e-BOXER搭載車】
・ツーリング:293万7000円
・X-ブレイク:308万円
・アドバンス:317万9000円
【1.8ℓターボ搭載車】
・スポーツ:330万円
※価格は消費税込み

●スバル公式サイト「フォレスター」

著者プロフィール

モーターファン 近影

モーターファン