Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. テクノロジー

世界のエンジン オールアルバム file 048:MITSUBISHI 4J1 series SOHC MIVEC! ユニークな可変動弁機構を備える三菱自動車入魂のエンジン

  • 2018/09/15
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
4J11

■ 4J11
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 1998cc
内径×行程 86.0×86.0mm
圧縮比 10.5
最高出力 110kW/6000rpm
最大トルク 191Nm/4200rpm
給気方式 NA
カム配置 SOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In-Ex/◯

 三菱4気筒エンジンの主力である4Bシリーズの後継として2011年に登場。トピックは何と言っても世界初のSOHCによる連続可変バルブタイミング&リフト機構を採用したことだろう。

 DOHCでなくともロッカーアーム側の工夫で可変リフトは可能だが、可変タイミングと併用するにはカムの吸気側と排気側を別作用にするための大がかりな仕掛けが必要になるためSOHCにするメリットがなくなってしまう。本機のシステムではリフト量の制御と同時にタイミングが可変となるためSOHC化が可能になった。疑似ミラーサイクルによるポンピングロスの低減も本機構で実現している。本来不要なはずの可変バルタイ機構は高負荷時に吸排気同時に遅閉じにしてポンプロス低減と燃焼トルク回収のために使う。これもSOHCだからこそできる機構である。1.8ℓでボア86.0mmという大径(4B11と同一)だが、複雑なロッカーアームを搭載するためにはあまり小さくできなかったと思われる。

可変動弁システム、MIVECの連続可変バルブリフト機構。カムシャフトから吸気ロッカーアームまでの間を中継するスイングカムでロストモーションを生み出し、吸気バルブのリフト量を連続的に変化させる。SOHCでシンプルにまとめたのが特徴。
左が最少リフト、右が最大リフト状態。(illustration:萬澤琴美)

□ 4J10
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 1798cc
内径×行程 86.0mm×77.4mm
圧縮比 10.7
最高出力 102kW/6000rpm
最大トルク 172Nm/4200rpm
給気方式 NA
カム配置 SOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In-Ex/○

□ 4J12
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 2359cc
内径×行程 88.0mm×97.0mm
圧縮比 10.5
最高出力 124kW/6000rpm
最大トルク 220Nm/4200rpm
給気方式 NA
カム配置 SOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In-Ex/○

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

学生フォーミュラ2019:全車両カタログ

学生フォーミュラ2019:全車両カタログ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ