MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > クランクシャフトのねじり剛性

クランクシャフトのねじり剛性

【torsional rigidity of crankshaft】

このエントリーをはてなブックマークに追加
クランクシャフトを回転方向にねじったときのねじり剛さ、あるいはねじれにくさのこと。クランクシャフトの破損やエンジン騒音の大きな原因としてねじり振動がある。ねじり剛性が小さいとねじれ振動の共振を起こすエンジン回転数が低く、また振動の振幅も大きくなる。ねじり剛性はジャーナルやクランクピンの直径の4乗に比例して増大し、ウェブの幅の3乗にも比例して増大する。クランクには曲げ剛性も大切であるが、クランクシャフトとして問題を起こす原因はねじり振動によるものが多く、一般にねじり剛性を確保すれば曲げ剛性も確保できる。また、剛性はクランクシャフトが長くなるほど低下する。したがって、直列6気筒よりV型6気筒のクランクシャフトのほうが剛性を高くすることが容易である。最近では、有限要素法などを使ってクランクシャフトの剛性をかなり正確に予見することができる。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る