MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > ペレット触媒コンバーター

ペレット触媒コンバーター

【pellet-type catalyst converter】

このエントリーをはてなブックマークに追加
活性アルミナなどからなる粒状型(ぺレット型)の担体に活性成分(触媒物質)を担持した触媒を用いた排気ガス浄化装置。有害成分を無害ガスに変換する機能をもつ粒子状触媒(ぺレット触媒)、耐熱鋼などでつくられた容器、および触媒の作動条件を設定する制御システムなどから構成される。ぺレット触媒は生産性がよく、触媒劣化が生じた場合に、詰め替えによって比較的安価に機能回復が可能であることから、加鉛(有鉛)ガソリンの誤使用などによる触媒劣化が懸念された初期の触媒式浄化装置において多用された。排気抵抗の増加、振動や高熱による触媒の摩滅や収縮などの課題があり、現在はモノリス触媒が主流である。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る