MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > 慣性始動装置

慣性始動装置

【inertia starter】

このエントリーをはてなブックマークに追加
大きな質量の回転体(フライホイール)を回転させておき、これと連結させることにより、クランクシャフトを急に回転させる始動装置。内燃機関は自力で始動するととはできない。そこで燃焼が継続するまで外部から駆動することが必要である。以前のプロペラ機においては足踏み式で慣性回転体を回転させ、クラッチによってクランクシャフトに急に回転を伝えて始動させることもあった。将来、アイドルストップエンジンにおいてはフライホイールに回転エネルギーを蓄えておき、始動時にこれを用いる方法も考えられる。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る