MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/08
  • 「東新宿交通取締情報局」

ここが危ない! 全国危険オービスポイントBEST10!【交通取締情報】

PART1 6-10位編

このエントリーをはてなブックマークに追加
ここのところオービスによるスピード取り締まり効率は明らかに落ちてはいる。とはいえ、それでも未だに年間で4万8000人、1日あたり130人以上のドライバーが検挙されているというのも事実。もちろん、撮影されたからといって100%呼び出しが来るわけではないから、つい光らせちゃったドライバーはもっと多いということになる。そこで、そのついうっかりを防ぐために選りすぐりの危険オービスポイント10カ所を大公開。残念ながらオービス個々の検挙数は一切発表されていないが、明らかに検挙実績の多そうなポイント、さらに明らかに光らせやすいと思われるポイントを独断と偏見で選んでみた

ポールは対向車線(下り)に立つ。上りを走ってるクルマからは、一見、他人事に見えるのだ。

第10位
☆揖保郡太子町原R2東行き(兵庫県)
1本のポールの表裏で2車線を狙う変わり種。特に上り線を走っているクルマにとっては遠目では対向車線のみを狙っているとしか思えないその勘違いが怖い!

阪神高速神戸線高架下で両方向対応の性能をいかんなく発揮してるらしい。

第9位
☆西宮市本町国道43号線両方向(兵庫県)
向きを変えることで両方向に対応できる旧型のループコイル式オービスだが、実は方向を固定して使われているケースがほとんど。性能を生かすには、両方向にループコイルを埋める必要があるからだ。ところが、ここは両車線にループコイルが埋められ、まじに向きが変わることがあるから要注意!(直近の調査時は下りネライ)

旧型オービスもメンテ次第ではバリバリ現役!

第8位
☆国道25号線名阪国道上野IC先(三重県)
県警高速警察隊分駐所の脇に立つループコイル式オービス。ということはフィルム交換などメンテナンスもしやすい、つまり、36枚撮りのフィルム切れによる撮り損ないがほぼ期待できないってこと。光らせたら呼び出し通知も早そうなポイントだ。

見通しのいい直線路が夜には仇になる夜型オービスといえるかも。

第7位
☆千葉県千葉東金道路上り8.9kp(千葉県)
千葉東金道路唯一のオービス。見通しのいい直線路なので見つけやすいはずなのだが、なぜか「光らせちゃいました」報告が多いのだ。その理由は、ズバリ、夜にあり。照明類が一切なく、また、80km/h制限というのも大きな罠。中野ICを過ぎたらとにかく減速だ。

北海道ではレーダー搭載パトカーが縦横無尽に活躍。実はオービスの先が危なかったりする。

第6位
☆北見市留辺蘂町国道39号線東行き(北海道)
本土では余命幾ばくもないHシステムだが、積雪期間が長く、ループコイル式に適さない道路環境の北海道ではレーダー式の強みでまだまだ現役バリバリ(一般道80カ所以上が全部Hシステム)。なぜここがあぶないのかというと、実はオービスのせいではない。付近にレーダー搭載パトカーが出没するからだ。オービスをやりすごしてホッと一息、アクセル全開なんて思うつぼにはまらないように!

続き(1位ー5位)はCMのあと! じゃなくて、近々アップ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

ラジオ モーターファン

関連キーワード

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る