MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/24
  • MotorFan編集部

ルノー・トゥインゴGTとルーテシアR.S.を比べて悩んでみた。かつてAE86に乗っていたスポーツカー好きのおじさんの車選び。

ポストスポーツカーの遊べるクルマ選び

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルノー・トゥインゴGT
車選びは迷っている時が一番楽しい、というのはよくある話ですが、今回はフランス車2台を比べた時のお話しを少々……。
PHOTO◎折原弘之(Hiroyuki Orihara)、平野陽(Akio Hirano)
ルノー・ルーテシアR.S.

 自動車専門誌の編集者という職業柄、クルマ選びの相談を受けることことは少なくありません。得てして相談する側は決め打ちなのですが、まあ背中を押して欲しいという意味で結論ありきの相談となるのはお約束です。「押すなよ、押すなよ」ってダチョウ倶楽部じゃないんだからと思いつつ、いつも、しっかり押して日本市場の販売台数向上に貢献しています。

 ですが、先日の相談には少し悩ましいものがありました。それはルノー・トゥインゴGTと同じくルノーのルーテシアR.S.どっちがいいかな?という内容です。似たような車種で迷うなぁと思いつつたしかに並べて較べると、それぞれに悩ましい魅力と強烈な個性を持っていたので、その時作った比較メモを開陳します。

ルノー・トゥインゴGT

 相談者はちょっとスポーツカー好きのオジサン。若かりし頃には86(今の86じゃなくて昔のAE86)で山に走りに行ったこともありました。今や一児の父で週末のみクルマを使用。唯一の趣味となったテニスに乗っていく程度のプライベートカーだけど、たまに奥さんも買い物に使ったりする。だから購入に際しての発言権は割と父親にあり、とのこと。
 
 希望はそこそこ走れて、経済的にも優れ、しかもちょっとスタイリッシュだとうれしい。この“ちょっと”走れてというのが一番こだわりが強く、単純に速いというだけではなく、走らせて楽しい要素が一番重要とのことなので、それを踏まえてトゥインゴGTとルーテシアR.S.でそれぞれの要素に分けて考えてみました。

■トランスミッション

ルノー・トゥインゴGT

トゥインゴGT ★★★★ 5速MTと6速DCTが選択可能。

ルーテシアR.S. ★★★ 6速DCTのみ。

 エンジンがどうとか言う前にクラッチを踏む作業があるかどうかが大事ということで。EDC(DCT)の変速は今どきの欧州車的に、しっかり、かっちり無駄なく変速するけど、趣味的に乗るクルマならMTがいいかな。奥さんも免許はいちおうMT免許でぶーぶー言いながらも乗ってくれるそうです。

■エンジン

ルノー・ルーテシアR.S.

トゥインゴGT ★★ 897cc直3ターボ 最高出力80kW(109ps)/5750rpm、最大トルク170Nm/2000rpm

ルーテシアR.S. ★★★★ 1618cc直4ターボ 最高出力147kW(200ps)/6050rpm、最大トルク240Nm/1750rpm

 とはいえエンジンはクルマの魅力を決定づける大切な要素。最高出力で2倍とかってなると、ほとんど別物の動力性能を持っていることになるので、普通に頑張って走ると、ルーテシアR.S.にトゥインゴGTはついて行けません。

■サイズ

ルノー・トゥインゴGT

全長×全幅×全高

トゥインゴGT ★★★ 3630×1660×1545mm

ルーテシアR.S. ★★★ 4105×1750×1435mm

 いわゆるAセグとBセグなんて言われたりしますけど、立派になったルーテシアはちょっと前のCセグハッチバック的な位置づけになっており、それと比べるとトゥインゴはいかにもパーソナルカー的な感じです。今回の案件で言えばそれでもOKなのでこれはこれでどちらでもいいか。

■車重

ルノー・ルーテシアR.S.

トゥインゴGT ★★★ 1010kg(EDC=1040kg)

ルーテシアR.S. ★★★ 1290kg

 このボディサイズで300kg近い車重の差はいかんともしがたい差になるものの、そもそもトゥインゴ自体も重いですね。1000kg超えは今どきスズキ・スイフトスポーツ(970kg)とかから考えるとやや、いや、かなり重い。とはいえ今回はフランス車でオシャレにテニスに行きたいからスイフトスポーツではダメだそうです。あと1t切ってると重量税も違ったりするのですが。

■走り

ルノー・ルーテシアR.S.

トゥインゴGT ★★★

ルーテシアR.S. ★★★★

 もちろん走りはルーテシアR.S.が圧倒的なのはいうまでもありません。トゥインゴと比べれば圧倒的にワイドトレッドだし、ローンチコントロールまで付いていて、0→100km/h加速で6.6秒とかですから(トゥインゴGTは9.7秒)、かなりの俊足です。でも味という点ではエンジン使い切っている達成感はトゥインゴもなかなか。

■室内

ルノー・トゥインゴGT
ルノー・ルーテシアR.S.

トゥインゴGT ★★★★

ルーテシアR.S. ★★★★

 ポップな雰囲気を残したトゥインゴに対して、クールでドイツ車的かっちり感を出したルーテシアは好みの分かれるところ。まあデザインは好みですから。乗車定員は4名乗車のトゥインゴに対してルーテシアは5名乗車。でも、これもパーソナルカーと割り切れば、ネガにはならないでしょう。

■駆動

ルノー・トゥインゴGT

トゥインゴGT ★★★★★ RR

ルーテシアR.S. ★★★ FF

 ここまで読んでいただいた方にはもう結論が読めていたかもしれませんが、この駆動方式が結局一番の肝となりました。そう、トゥインゴはこのボディサイズでRRレイアウトなのです。今どきリアエンジン車って新車で選べるものはあまりありませんから。ルーテシアの圧倒的動力性能とBセグなのに冠婚葬祭に使える万能さ加減はたしかに魅力ではありますが……。

■結論

 そんなわけでいろいろ総合的に(恣意的に)判断して、結局トゥインゴGTを選んだそうです。憧れのRR、にしては少し馬力が物足りないかもしれないけど、オシャレで運転して楽しいという両立は価格も含めてなかなか成立しないですから。これからも、昔走ってたオジサンがちょっと遊べるパーソナルカーに帰ってくるという案件は相談がありそうですね。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る