MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/28
  • 「東新宿交通取締情報局」

レーダー探知機無効のレーザー式オービスの怖~い取り締まり方を検証する!【交通取締情報】

多車線路でも逃げ場なし! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
すでに16都道府県に導入されている可搬式移動オービスLSM-300(東京航空計器製)はレーザーで速度を測定するタイプ。上から赤外線ストロボ、CCDカメラ、そして1番下の窓からレーザー波が照射される。
警察による速度取り締まりの全面的な見直しが始まり、ネズミ捕りに可搬式移動オービスの導入が決定されたのは数年前。当初はスウェーデンはセンシスガスト社製のレーダー式vs東京航空計器製のレーザー式のがっぷり四つの売り込み合戦が繰り広げられていたが、どうやら、レーダー式に対する数々のアドバンテージにより、レーザー式に軍配が上がりそうな雰囲気だ。それもそのはず、レーザー式オービスは、そうなるにふさわしい、恐るべき性能を備えていた!

前後左右全方位計測&撮影可能の、まさにモンスターオービスだ!

レーザーによる速度測定のイメージ。レーザー波は常に発光されており、走行車を3Dスキャン。捉えた立体の移動距離と時間で速度を測る。

従来のレーダー式は、対象車にレーダー波をあて、いわゆるドップラー効果を利用して速度を測定する。もちろん、撮影も1車線対応となる。いわば、面の計測といえるだろう。

 従来のレーダー式オービスやネズミ捕りで使用される定置式レーダー測定器は、対象車にレーダー波をあて、反射波との周波数の違いを利用して速度を測定していた。もちろん、1度に計測できるのは1台のみであり、シビアな照射角度の設定が必要な上に、街中に飛び交う電磁波も少なからず影響し、また、計測中に他のクルマなどの障害物が割り込んだりしても、測定精度を維持できないという欠点もあった。さらに、測定器を扱うには無線免許(「第二級陸上特殊無線技士」以上の資格)が必要と、けっこう、面倒くさい。

 それに対してレーザー式は、3Dスキャンによって対象物を立体的に捕捉し、その捉えた立体の移動時間と距離によって速度を測定する。それも、1台のみならず、平行して走るクルマの速度も測定できる。実際にどう運用されているかはまだ明らかにされていないが、その気になれば複数台を1度に検挙することも可能なのだ。つまり、計測されているクルマを抜かしてしまった場合、同時に計測&撮影されてしまうこともあり得る、というわけだ。

 もちろん、ナンバー別に速度が記録されるし、高性能カメラによって複数のドライバーの顔を撮らえられる=1枚の写真で2台の違反を特定することもできるはず。違反車のクルマを測定し、停止させてサイン会場に誘導していた従来のやり方を思えば、比較にならないくらい取り締まり効率がアップすることは間違いない。さらに、レーザーパトと同じく、対向車線を走るクルマだって取り締まり対象にできる。そして取り締まりに際して無線免許を必要としないというのも絶対の強みとなる。

 以前、当サイトで「レーザー式オービスとはいっても従来の計測方式がレーザーに変っただけであり、レーダー探知機が使えないのはループコイル式や光電管式と同じ。だから世間で騒がれているほど脅威が増したわけではない」、と報告したが、その計測能力を知るにつれ、やはり従来のオービスとは怖さが格段に違うことを実感。謹んで訂正させていただきます。

そのすごさはよくわかったけど、肝心な測定精度が不明なのが心配!

大阪府豊中市に出現したレーザー式オービスは既設のHシステムのアーチをそのまま利用し、LHシステムの端末ユニットを取り付け、路肩にレーザースキャンセンサーを設置。センサーは1機でも2車線に対応していることがよくわかる。

 現在、16都道府県に導入されている可搬式移動オービスのほとんどがレーザー式オービス(LSM-300)であり、さらに大阪府警は独自にレーザー式の固定オービスを導入している。今後の速度取り締まりの主役は、レーザー式で決まり、なのかもしれない。

 ただ、レーザースキャンによる速度測定精度が、公に証明されていないと言う事実を、警察はどう考えているのだろうか。もちろん、速度オーバーは立派な違反であり事故を誘発するものである以上、最先端技術を用いた取り締まりにより抑制を図るというのは我々ドライバーも納得だが、誤測定によりあらぬ疑いをかけられたらたまったもんじゃない。ぜひ、我々が納得できるような説明を望みたいものだ。 

オービスの種類や最新交通取り締まり情報はこちら!↑

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る